Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

葛尾でエゴマ苗を定植 郡山女子大、アイス商品化目指す

配信

福島民報

 郡山女子大は十九日、葛尾村でエゴマの苗を定植した。エゴマを使ったアイスクリームの商品化を目指す。  食物栄養学科四年の斎藤優理さん、吉村遥佳さん、教職員、村民ら十五人が参加した。雨の中、村民から借りた約十アールの畑で苗三千二百本を植えた。十月の収穫に向けて二週間に一回、村に通って手入れなどをする。  福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想促進事業の一環。郡山女子大は村と連携して「エゴマ産業拡大と地域活性化」を目指す。苗植えは今年で四年目で、エゴマによる六次化商品開発に取り組んできた。斎藤さんは「アイスの商品化を実現させたい。元気に育ってほしい」と期待を込めた。

【関連記事】