Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【最年少冠へ】藤井聡太七段 阿部隆八段破り挑戦者決定Tまであと1勝 「進めるよう頑張る」 王座戦2次予選

配信

中日スポーツ

 将棋の高校生棋士・藤井聡太七段(17)は16日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第68期王座戦2次予選5組準決勝で阿部隆八段(52)を100手で破り、挑戦者決定トーナメント進出まであと1勝とした。同組決勝では谷川浩司九段(57)―大橋貴洸六段(27)戦の勝者と対戦する。 【写真】藤井七段の後ろには師匠の姿が…  盤上は先手・阿部八段の誘導で矢倉戦に。機敏な先攻策を見せて主導権を握った藤井七段だったが、阿部八段も粘り強く対応。難解な戦いが続いたが、最後はきっちり寄せ切った。消費時間は藤井七段4時間53分、阿部八段4時間39分。終局は午後8時54分だった。  「バランスと取るのが難しい将棋だった」と振り返った藤井七段。次戦への抱負を聞かれると「まずは決勝トーナメントに進めるよう頑張ります」と答えた。  屋敷伸之九段(48)が持つ史上最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)更新へ向け、藤井七段に残されているチャンスは4棋戦。今年の棋聖戦、王位戦、王座戦、竜王戦となっている。  王座位は現在、永瀬拓矢二冠(27)が保持。挑戦者決定トーナメントは2次予選の勝ち上がりにシードを加えた16人で争われる。永瀬王座に挑む五番勝負は9~10月に行われる。

【関連記事】