Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

伊勢谷容疑者逮捕…薬物事件相次ぐ芸能界 国内、19年の大麻摘発者数は過去最多

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 俳優の伊勢谷友介容疑者が自宅で大麻を所持したとして大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。認否を含め詳細はいまだ明らかになっていないものの、発信力のある著名人の薬物疑惑が広げる波紋は小さくない。昨年からは特に世間を騒がせる事件が相次いでおり、芸能界の薬物汚染の根深さを示している。(47NEWS編集部)  伊勢谷容疑者は東京都出身で東京芸術大在学中に俳優デビューし、「あしたのジョー」「翔んで埼玉」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」「花燃ゆ」など多数の作品で活躍。東京都が芸術やスポーツなどの分野で活躍する若手と意見交換するために2017年に設置した「東京未来ビジョン懇談会」のメンバーも務めていた。所属事務所は、事実関係は確認中とし「このような事態が生じましたことは誠に遺憾なこと。まずは深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。  俳優や音楽家による薬物事件は毎年のように起きているが、昨年以降、その頻度が高まっている。

 19年3月にはミュージシャンで俳優のピエール瀧さんがコカインを摂取した疑いで逮捕された。数々の映画やドラマに出演し、存在感が増すばかりだった個性派俳優の事件に衝撃が走った。その後、懲役1年6月、執行猶予3年の東京地裁判決が確定した。  アイドルグループ「KAT―TUN」元メンバー田口淳之介さんが大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕されたのは5月。同居していた元女優の小嶺麗奈さんとともに起訴され、それぞれ懲役6月、執行猶予2年の判決が言い渡された。  11月に入ると、女優の沢尻エリカさんが自宅マンションで合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された(その後、懲役1年6月、執行猶予3年の判決が確定)。そして今年2月、シンガー・ソングライター槙原敬之さんが違法薬物を所持したとして、覚醒剤取締法違反(所持)などの容疑で逮捕された。8月に懲役2年、執行猶予3年の判決を受けた槙原さんは、99年8月にも同容疑で逮捕され有罪判決を受けていた。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS