Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

未明の新閣僚記者会見、河野行革相が批判…「こんなものさっさとやめればいい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
読売新聞オンライン

 河野行政・規制改革相は17日未明、就任に合わせ、首相官邸で行った記者会見で、「この記者会見は各省に大臣が散ってやれば、今頃みんな終わって寝ている。こんなものさっさとやめればいい」と述べた。慣例となっている新閣僚の記者会見の実施方法を見直すべきだとの考えを示したものだ。 【動画】河野行革相、就任会見見直しを提案  菅内閣の発足後、計20人の閣僚は初閣議に出席し、16日午後10時50分過ぎから、それぞれ記者会見に臨んだ。河野氏が登場したのは17日午前1時で、最後の井上万博相が終えたのは午前1時45分だった。  首相は行政の縦割りや既得権益の打破を政権の基本方針に掲げており、発信力のある河野氏が担当相として起用された。  河野氏は新閣僚の記者会見について、「延々とここでやるというのは前例主義、既得権、権威主義の最たるものだ」と指摘。「これを皮切りに色々やっていきたい」と早速、意気込みを示した。

【関連記事】