Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【毛穴道】医者が教える「どんな毛穴にも期待大な成分」とは?

配信

VOCE

皆さんの毛穴に関する真剣なお悩みを、美容のプロや皮膚科医の先生と一緒に解決していくプロジェクト「毛穴道研究会」。昨秋、毛穴ケア実験のモニターになってくれる委員会メンバーを募ったところ、たくさんの方にご応募いただきました。その実験結果や毛穴取材でわかったこと、おすすめコスメなどをまとめた書籍『毛穴道』が5月15日に発売となりました! 知っておくべき大事な毛穴情報を、本の中から研究会長の松崎がどんどんご紹介していきます。

どの毛穴悩みにも効果が高いと言われる成分があること、皆さんご存知でしょうか? 毛穴改善プロジェクトのモニターになってくれた毛穴道研究会メンバーたちには、その成分を強制配布! 1ヶ月間、中からも外からもその成分を摂取してもらいました。 その成分とは……ビタミンA・B・C!! いかにビタミンが毛穴悩みに効果を発揮するか、毛穴研究の第一人者、青山ヒフ科クリニックの亀山孝一郎先生に教えていただきました。

皮膚科専門医 亀山孝一郎先生

医学博士。青山ヒフ科クリニック院長。1980年北里大学医学部卒業。大学病院や米国立保健衛生研究所で研鑽を積み、1999年に青山ヒフ科クリニックを開業。同年発表の「ニキビとは感染症ではなく、活性酸素病である」とする論文を始め、ニキビや毛穴、ビタミンCにまつわる論文多数。5月15日発売予定の書籍『毛穴道』(講談社)の監修を担当。

ビタミンA・B・Cは、すべての毛穴悩みに効果大!

詰まり毛穴とすり鉢毛穴の元凶になっているのは、過剰な皮脂。それに、ストレスや乾燥による角質の肥厚が組み合わされれば詰まり毛穴に、皮脂が刺激物質に変化して肌を攻撃すれば、すり鉢毛穴になるというわけです。たるみ毛穴は、皮脂や加齢、ストレスによるコラーゲン・エラスチン繊維の減少や劣化が原因です。 これらすべてに効果を示す夢のような成分があります。それは「ビタミンC」です。皮脂分泌抑制作用と毛穴引き締め作用、抗炎症作用、さらには代謝促進作用をもち、3タイプの毛穴どれにも対応します。 他に、ビタミンAとB群にも皮脂分泌抑制効果があり、ビタミンAには毛穴詰まりを抑える作用やアンチエイジング作用もあります。さらにはすべてを一緒に取り入れることで相乗効果が期待できます。

【関連記事】

最終更新:
VOCE