Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

家政夫ナギサさん 管理職世代も学びたい見守る包容力

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NIKKEI STYLE

火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)が好評のうちに最終回を迎えました。このドラマは、製薬会社の医薬情報担当者(MR)として仕事一直線のアラサー女子の主人公・相原メイが、苦手な家事をサポートしてもらうためにおじさん家政夫・ナギサさんを雇うことから巻き起こるハートフルラブコメディー。

仕事はできるが、生活力ゼロの主人公

家事力ゼロのアラサー独身女子のメイが仕事に恋に奮闘する姿が多くの視聴者の共感を呼び、最終回も19.6%と番組の最高視聴率を更新し、有終の美を飾りました。 何事にも一生懸命なメイを多部未華子さんが、癒やし系のおじさん家政夫・ナギサさんを大森南朋さんが演じ、ネットではお二人の演技に称賛の声が相次ぎました。 多部さんの愛らしい雰囲気はもちろんのこと、これまでドラマ『ハゲタカ』(NHK)や映画『アウトレイジ 最終章』でのこわもてな役柄の印象が強い大森さんに対し「(意外にも)癒やし系のナギサさんがぴったりはまっていた!」という声が多数上がっており、大森さんが演じたナギサさんはまさに適役だったように思います。 おじさん家政夫のナギサさんは、完璧な家事の業務をこなしつつ、仕事で疲れ果てて帰宅したメイを内助の功のごとくサポートするとともに、仕事に対するさりげないアドバイスをくれる包容力あふれる人物です。その姿はまるでお母さんのようでした。 それもそのはずで、実はナギサさんの夢は「お母さんになること」。

夢はお母さんになること

ナギサさんがそう思う理由には、彼が大手製薬会社のMRとして優秀な成績で活躍するビジネスパーソンであった時代に、お母さんのような包容力で部下を支えることができなかったことへの後悔の思いがありました。 そうした経験から、ナギサさんは家政夫の仕事を通して、人のために尽くすことを信条とし、誰かや社会のために貢献できることが、自身のやりがいにもつながるという利他意識と仕事観を持つようになります。 そのナギサさんは50歳。社会ではまさに管理職世代です。 この世代が数多く登場するのが同じくTBS系で放送されているドラマ『半沢直樹』です。ナギサさんと同世代の人物が織りなすドラマとは言え、キャラクターや仕事観は、ナギサさんとは正反対の仕事人ばかりが登場します。一言で表現すれば「グループ組織内の自分の立場だけにこだわり、利他意識や包容力のかけらもない」悪人キャラばかり。 その悪人キャラたちと対峙するのが主人公の半沢直樹なわけですが、彼にはナギサさんの持つ利他意識や包容力に通じるものがあるように感じます。 それを象徴するメッセージが『半沢直樹』第4話、銀行から証券会社に出向していた半沢が部下たちを前に自身の考えを述べるシーンに託されていました。 「胸をはって、プライドを持ってお客様のために働いてほしい」という利己主義でない顧客本位の仕事観を伝える熱いメッセージは、20代から40代の視聴者にも響いたようです。ツイッター上でも賛同する声が数多く見受けられました。 半沢は自分たちの世代について「自分たちのためだけに仕事した連中がバカげたバブルを招いた」と評していましたが、同世代とは言え、ナギサさんは全くそのくくりには入らないでしょう。前線で働く若い女性をサポートするナギサさんのスタンスは、世代や性別を問わず、今の時代を生きる多くの視聴者に受け入れられやすいものでした。

【関連記事】