Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大阪大学などが開発中の「DNAワクチン」国内初の治験 大阪市立大学病院で開始へ

配信

読売テレビ

読売テレビ

 新型コロナウイルスのワクチンを人に投与する国内初の治験が、30日から、大阪市内の病院で始まる。  新型コロナウイルスのワクチンとして、国内初の治験が始まるのは、大阪大学などが開発中の「DNAワクチン」。このワクチンは、新型コロナウイルスの遺伝情報の一部を投与することで、体内に抗体ができる仕組み。  動物実験では、抗体ができることが確認されていて、安全性や有効性を確かめ、国の承認を得るための治験が、阪大と連携して研究にあたる大阪市立大学病院で始まる。  今回の治験は、約30人を対象に行われる予定で、来年の春以降の実用化を目指すという。

【関連記事】