Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ボローニャ冨安健洋にモイーズのウェストハムが関心か ニューカッスルも興味とも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

ボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)にウェストハムの関心が浮上した。 昨夏にシント=トロイデンからボローニャに加わり、本職のセンターバックでないものの、右サイドバックとしてレギュラーの座を奪取した冨安。ボローニャは無視できないオファーが届かない限り、放出しない姿勢を打ち出しているといわれ、ローマなどの関心も取り沙汰されているが、かつてマンチェスター・ユナイテッドで元日本代表MF香川真司を指導したデイビッド・モイーズ監督のウェストハムも関心を抱いているという。 【動画】イタリアで躍動する冨安が決めた攻撃陣顔負けのスーパーミドル【ファースト・ゴールズ】 イギリス『イブニング・スタンダード』によると、ウェストハムはこのたび、WBAにイングランド人MFグレイディ・ディアンガナの売却が決まり、移籍金1800万ポンド(約25億3000万円)が入る見込みで、その資金でFWとDFの獲得を視野に。モイーズ監督が必要に応じて守備的なMFもこなせるセンターバックを求めるなか、ニューカッスルも関心を寄せる冨安に視線を注いでいる模様だ。 また、新たなアタッカーにはブレントフォードに所属するアルジェリア代表FWサイード・ベンラーマ(25)を注視している可能性。2500万ポンド(約35億2000万円)の評価額が見込まれ、アストン・ビラも関心を示しているようだ。

超WORLDサッカー!

【関連記事】