Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

離婚経験者100名に聞いた、離婚を迷う夫婦が離婚を決断した理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

離婚するかしないかは、その後の人生に大きく影響する重要な決断です。そのため、決断に迷うのは当然といえるでしょう。 だからこそ、決断する際は、どうすればいいか分からなくなってしまったり、深く思い悩んでしまう方も多くいらっしゃるかと思います。

弁護士相談プラットフォーム「カケコム」を運営する株式会社カケコムは、離婚経験者100名を対象に、離婚の決断理由に関するアンケートから、離婚する際にどれくらい悩んだかや、離婚を決断した理由、その後後悔していないかなど徹底調査しました。離婚についてお悩みを抱えている方はぜひ参考にしてみてください。

離婚する際によく悩むポイントとは?

まずは、世の中の方は離婚を決断する際、どれほど悩んでいるものなのか、アンケートを行いました。その結果がこちらです。 結果としては、「かなり悩んだ」と答えた方は36%、「悩んだ」が28%、「少し悩んだ」が30%、「悩まなかった」が6%となりました。 少しでも悩んだ方は全体の96%を占めており、みなさん少なからず悩んでいることがわかります。 また、離婚するか悩んだ理由を伺った結果、下記のようになりました(選択形式、複数回答可)。 「子どもへの影響を考えたため」との回答が100名中50名、「周りに迷惑をかけてしまうため」が33名、「世間体が気になるため」が32名、「経済面が心配だったため」が27名、「夫婦関係を修復できるかもしれないため」が17名、「相手に情が残っていたため」が16名、「住む場所があるか不安だったため」が7名、「子どもの親権を取れるかわからないため」が6名という結果となりました。 離婚を迷った理由として、半数が「子どもへの影響を考えたため」と答えており、離婚は子どもに関する懸念が非常に大きいようです。

離婚を迷う夫婦が離婚を決断する理由とは

多くの方が離婚するか迷う中で、離婚に至った方は、どういったことを理由に離婚を決断しているのでしょうか? アンケートでは次に、離婚を決断した理由について伺いました(選択形式、複数回答可)。 その結果、「夫婦としての将来が見えなくなった」との回答が100名中22名、「不倫された」が18名、「愛情が冷めた」が13名、「DVやモラハラに耐えられなくなった」が11名、「一緒にいるのがつらくなった」が8名、「子どものため」が7名、「心身の事情から」が4名、「相手を信用できなくなった」が3名となりました。

【関連記事】