Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「シンプル」なのにおしゃれ|スタイリスト・樋口かほりさんが語るヒント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GISELe

毎号反響を呼ぶスタイリスト・樋口かほりさん。過去に手がけたスタイリングと自身の私服からもわかる、ファッションセオリーをあらためて大解剖。リアリティのあるスタイルを生み出すうえで大切にしている「言葉」から、ワードローブづくりのヒントが見えてきた。 ※クレジット表記のないものは、すべて樋口さん私物です。その他モデル写真は、過去のGISELeに掲載したものです。 すべてのスタイリングはこちらから SIMPLE TALK シンプルのよさにもいろいろある スタイリングを組むうえで、樋口さんから頻繁に出てくるのは「シンプル」というキーワード。地味にはならない境界線。単純なのに目を引く理由。樋口さんにとってのシンプルには、いろんな意味が含まれている。 1. FORM 「形からはみ出さない」

抑揚のない長方形のようなシルエットの範囲内なら、映える色を使っても十分シンプルを保てる。つまったネックラインやロング丈など、隙をなくすとさらにミニマム。 2. COLOR 「色をしぼると単純に見える」

サテンコートなど難易度の高い素材感の服も、ワントーンにするだけで即落ち着く。色数をしぼることは、服から受ける情報量をリセットしてくれる効果もあります。

GISELe編集部

【関連記事】

最終更新:
GISELe