Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・馬場が同点適時打を浴びる オースティンに打たれる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(31日、甲子園球場)  七回の途中から2番手で登板した阪神・馬場が同点打を許した。 【写真】同点打を浴びた馬場 ベンチで待つ青柳は優しい顔だった…  1死一、二塁の場面で青柳からバトンを受け取った右腕。自身の暴投で一、三塁にピンチを広げた後、梶谷は146キロの直球で空振り三振。だが、続く2番・オースティンにフルカウントから左前適時打を浴びた。  これで青柳の勝ち投手の権利が消滅。なおも続く2死一、三塁のピンチはソトを空振り三振に抑え、逆転は許さなかった。

【関連記事】