Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ぐぅたら好きなウチの犬にフィットネストラッカーを装着してみた

配信

ギズモード・ジャパン

アプリ:「デイジーはおうちでぐぅたら中」。 うちの愛犬デイジーについて、まず皆さんにも知っておいていただきたいことが2つあります。1つは、デイジーは散歩が苦手な犬だってこと。私がリードを手にとったら、デイジーは喜んでる"フリ"をします。それが一歩外に出たら、はい終了。すぐにお家に戻りたがるんです。不思議でしょ? 2つめは、デイジーはちょっぴりずる賢くて頑固なこと。散歩から抜け出すために、足を引きずって見せたり、気を失うフリまでしたこともありました。心配する飼い主を何度も動物病院に連れて行かせましたが、それが演技だとする証拠はすべて請求書として保管してあります。 【全画像をみる】ぐぅたら好きなウチの犬にフィットネストラッカーを装着してみた そんなうちの犬にフィットネストラッカーをつけたらどうなるのか? やってみましょう。

不思議な犬

デイジーが犬として特別なのは、やっぱり我が子はかわいいから...っていうのはもちろんそうですが、散歩やおもちゃなど、ほかの犬が好きなものを拒むから。でも、運動しないからといってむくむく増量するわけでもなくて、もう長らく2キロちょっとの体重をキープしています。デイジーの日常は、飼い主が仕事をする隣のイスの上で丸くなり、柔らかい毛布に包まれて一日中いびきをかきながらお昼寝すること。 ベッド脇に階段を用意したのに、物怖じせず1メートル近い高さから飛び降りる癖もありますが、獣医さんも推定15歳の老犬とは思えぬほどだといって関節の丈夫さに驚いていました。 とはいえ飼い主からしたら、愛犬が運動してくれないのはちょっと心配なものです。いくら散歩に連れて行こうとしても結局嫌がられてしまうと説明するたびに、獣医さんがそんなわけないだろうという表情をするのも苦痛でしたし...。何より、ウェアラブル機器のレビューをやっているうちに、健康維持のために運動は大事だとますます実感しています。それは、私だけでなくデイジーにも言えることだと思っています。

ちゃんと装着してくれるかな

さて、前置きが長くなりましたが、私が用意したのは「Whistle GO」。犬用のフィットネストラッカーは、オンラインで検索すると結構出てきますが、今回Whistle GOを選んだのは、デイジーがよくやる引っ掻き癖や舐め癖などの予防的な健康トラッキングもできるというため。 GPSトラッキング対応なほか、コンパニオンアプリではデイジーと同じ犬種、年齢の犬が必要とするアクティビティを自動的に計算してくれるといいます。 これは良いスタートになるかも...? 商品が届いて箱から取り出すと、明らかに「1つのサイズですべての犬に対応!」みたいなサイズだったので、デイジーの首に負担がかかるかもという懸念から始まりました。大型犬ですらどうかなと思えたので、デイジーの場合バランスを崩して転んじゃうのでは...と思ったり。 実際にトラッカーを装着させてみると、アパートメントの中を駆け回って不快感を示していました。「クークー、とってちょうだい」と言わんばかりのウルウル目とともに。デイジーの望みを汲み取って、頭をポンポンして頑張ろうと声をかけてみました。デイジーはガッカリして見えましたが「これも記事のためなの」と言っておきました。数時間もしたら、ちょっと慣れたように見えてきました。

【関連記事】