Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

15歳でTリーグ4勝 日本卓球界にきらめく新星・赤江夏星

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

15歳以下の世界大会、ワールドカデットチャレンジでシングルス、ダブルス2冠を達成、卓球Tリーグではチーム最年少の15歳ながら単複合わせて4勝をあげた次世代のホープがいる。日本生命レッドエルフに所属する赤江夏星(あかえかほ)だ。 【写真】まだあどけなさの残る15歳の怪童・赤江夏星 今年の全日本選手権でも一般女子シングルスで実業団選手を下してベスト64まで駒を進め、すでにシニアの部でも戦う力を持ち合わせている。 赤江は取材中、「高校生活に向け、高校生の恋愛ドラマにハマってます(笑)」と中学生らしいあどけなさを見せる一方で、卓球に関しては自分の考えをすらすらと言葉にする。その姿はトップ選手に駆け上がろうとする15歳の芯の強さを感じた。

Tリーグで単複4勝の好成績

――まずはTリーグセカンドシーズン参戦して、試合も出場されていかがでしたか? 赤江夏星(以下、赤江):デビュー戦は前田(美優)さんとのダブルスでしたが、少し緊張していてあまり自分のプレーができなかったです。でも、勝つことができたのでホッとした気持ちが大きかったです。 ――8歳年上の先輩である前田選手と4試合ダブルスを組んで3勝1敗と好成績でしたね。 赤江:技術面や戦術面や経験は前田さんの方がすごくて、引っ張ってくれたのでありがたかったしやりやすかったです。 ――シングルスでも2試合に出場して1勝1敗でした。 赤江:最初はダブルスしか出ないと思ってました。というのも、シングルスは自分より強い人ばかりだったので、出場できるとは思っていなかった。 1試合目は出澤(杏佳)選手に負けてしまったんですけど、2戦目は森薗(美咲)選手に勝つことができて、良い経験をさせてもらってるなって思いますし、出場させてもらったことに感謝してます。 ――昨年は、国内のTリーグだけでなく、ワールドツアーやジュニアサーキットなど海外の大会にも多く参加されてましたがいかがでしたか? 赤江:ジュニアサーキットでは優勝や準優勝など表彰台にたくさん上がることができました。しかし、ワールドツアーに出させてもらったときはレベルが違いすぎてビックリしました。 ――具体的には何にビックリしましたか? 赤江:トップ選手の練習内容や試合前の練習、試合の運び方はジュニア選手と全然違って勉強にはなりました。 自分はいつも試合前は調子を上げることしか考えていない。でもトップ選手は、コーチと色々話し合って、相手の対策だったり相手の弱い所の練習だったりをたくさんしている。その中で調子を上げていけるのが本当にすごいと感じました。

【関連記事】

最終更新:
Rallys