Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

英・店内での「マスク着用」を義務化、違反者には約1万3000円の罰金も

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

イングランドでは7月24日から、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するための対策として、スーパーマーケットをはじめとする店舗内でのマスク着用が義務化される。違反者には、100ポンド(約1万3000円)または50ポンド(約6700円)の罰金が科される(14日以内に支払った場合)。 【写真】ジェニファー・アニストンをはじめとしたセレブの「マスク姿」をチェック! 政府が発表したガイドラインによると、11歳未満の子供や特定の障害がある人は義務を免除されるそう。ジョージ・ユースティス環境相は出演したBBCラジオ4の番組で、国民がそれぞれの役割を果たすこと、この新たな規則に従うことを求めている。 新規則について取り締まりを行うのは警察だが、店舗の従業員たちにも顧客に対し、マスク着用を呼びかけることが奨励されている。 なお、スコットランドではすでに同じ規則が実施されており、また公共交通機関を利用する際にマスクを着用することが、6月15日からイギリス全土で義務付けられているそう。 世界保健機関(WHO)は6月、感染予防のためのマスクの着用に関するガイダンスを更新。感染のリスクがある公共の場所では、マスクの着用を推奨すると発表している。 英国王立協会の新型コロナウイルス研究を担当するグループが発表した調査結果によると、イギリスは感染予防としてのマスクの利用では、他国よりも遅れを取っているとのこと。 『ガーディアン』紙によると、王立協会のベンカトラマン・ラマクリシュナン会長は、マスクの着用についてこう述べている。「イタリアやフランス、スペインなど近隣国の人々も、パンデミックの前にはマスクをつける習慣がなかったが、今では常に着用しています」「ニューノーマルにおいては、マスクは衣料品のひとつととらえ、十分にソーシャルディスタンスを保つことができない時には、いつでも着用するようにしてください」 「マスクを着用することは、パンデミックが続くなかでも感染者数を抑え、経済活動を継続するための正しい行動であり、そのために払うわずかな代償です」 アメリカなどでは、マスクを着用せず公共の場に出かけ、注意を受けた人々が逆上するなどのニュースもたびたび報じられている。だが罰金が伴うとなれば、英国では嫌でも定着することになりそう。

From Harper’s BAZAAR UK

【関連記事】