Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界が認めた圧巻のクオリティ!「MOZU」シリーズのココに注目【レコメンW】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOVIE WALKER PRESS

映画並みのスケールと、海外ドラマばりの中毒性…そんなドラマ、観たくありませんか? WOWOWが贈るオリジナルドラマには、映画ファンや海外ドラマファンが、日本のテレビドラマに感じてきたであろう“物足りなさ”を払拭するような作品が目白押し。 【写真を見る】西島秀俊、香川照之、真木よう子が巨大な陰謀に迫る!日本ドラマ史上空前のスケールを見逃すな この連載企画「レコメンW」では、映画ファンの代表として映画プラットフォーム「MOVIE WALKER PRESS」の編集部、海外ドラマファンの代表として雑誌「DVD&動画配信でーた」の編集部がタッグを組み、必見のWOWOWのオリジナルドラマをレコメンドしていきます。 「日本のドラマはあんまり…」と思っている映画ファンも、海外ドラマファンも、この連載を読めばWOWOWのオリジナルドラマの魅力に気づくこと間違いなし。第7回となる今回は、「MOVIE WALKER PRESS」編集部の山田が「MOZU」シリーズの必見理由をご紹介します! ■WOWOWのオリジナルドラマ「連続ドラマW」って? WOWOW独自のドラマ製作プロジェクトとして2003年にスタートした長編ドラマ枠「ドラマW」。市川崑監督や大林宣彦監督ら日本映画界のレジェンドたちが手掛けた作品は大きな話題を呼び、2008年からは連続ドラマ枠「連続ドラマW」の製作も開始。濃密な人間ドラマから骨太な社会派ドラマ、映画スケールのアクションや本格ミステリーなど幅広いジャンルの作品を次々と生みだし、これまで「東京ドラマアウォード」や「日本民間放送連盟賞」など数多くの賞を受賞している。 ■今回レコメンドするのは「MOZU」シリーズ! WOWOWとTBSの共同制作で大反響を巻き起こした2012年放送の「ダブルフェイス」のチームが再結集した本作は、昨年完結作が発表された直木賞作家、逢坂剛の人気小説シリーズを原作としたハードボイルド・アクション。ある爆発事件によって妻を失った警視庁公安部の倉木尚武(西島秀俊)が、叩き上げの所轄刑事である大杉良太(香川照之)、プロの殺し屋を追う任務の最中に爆発事件に遭遇した公安刑事の明星美希(真木よう子)らと協力しながら、巨大な陰謀へとたどり着く姿が描かれていく。 「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」(全10話)にはじまり、その半年後を描いた「MOZU Season2 ~幻の翼~」(全5話)、そしてドラマ版では謎に包まれたままだった“ダルマ”の正体に迫った『劇場版MOZU』(15)。さらには警察を辞めた大杉を主人公にした「MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所」(全2話)と展開。すべてのエピソードを「海猿」シリーズや『太陽は動かない』(2021年3月5日公開)で知られる羽住英一郎監督がメガホンをとり、西島や香川ほか、伊藤淳史、小日向文世、蒼井優ら「ダブルフェイス」からの続投キャストに加えて、真木よう子や池松壮亮、有村架純、吉田鋼太郎、長谷川博己、石田ゆり子といった実力派豪華キャストが集結。 日本ドラマ史上空前のスケール感と、豪華俳優陣の熾烈な演技合戦が大きな話題となったこの一大プロジェクトは、アジア・テレビジョン・アワードでノミネートされるなど世界からも一目置かれる作品に。そんな本作の見どころとなる“3つのポイント”を、類似したテーマを持つ映画作品と絡めながらレコメンドしていこう。 ■レコメンド1 驚異的なスケールで描かれる、善悪のドラマ 今回レコメンドを担当する「MOVIE WALKER PRESS」編集部の山田は「ふだんは全然テレビドラマを観ないんです…」と言いながらも、本作については「オープニングからテレビドラマっぽさがなく、映画が始まったのかと思ってしまうぐらい。アクションやバイオレンスの描写も驚くほど生々しくて…。ずっと手に汗握っていたから、観終わった後は手がベトベトになってしまいました(笑)」と、すっかり魅了された様子で饒舌に語りはじめる。 「冒頭の爆発後の街並みも緻密に作り込まれていて、ガンアクションや車の激突シーンも迫力満点で見入ってしまいます。スケールの大きさももちろん魅力的ですが、回を重ねるごとに二転三転していって、どんどん真実がなにかわからなくなるミステリアスさも魅力。次の回が気になって気になってしょうがなくなるので、一挙放送のタイミングで一気に観るにはもってこいです!」と熱弁をふるった。 そして「大勢いる登場人物のなかでも、池松壮亮さんがとくに魅力的」と、物語のカギをにぎる狂気に満ちた殺し屋の新谷宏美と、その一卵性双生児の兄である和彦の二役を演じた池松を絶賛。「ナース服姿で吉田鋼太郎さん演じる中神に襲いかかるシーンはまさに『ダークナイト』のジョーカーそのものでした。その一方で、『MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~』で有村さん演じる葵美と心を通わせていくなかで垣間見せる優しさであったり、過去や心のなかにしまい込んだ闇が明らかになっていくことで、その存在に説得力が生まれていく。ほかの登場人物もみんな自分自身のなかで善と悪のせめぎ合いをつづけていて、それぞれで独立したドラマが出来そうなくらい濃密に感じました」。 ■レコメンド2 テロリストとの息詰まる攻防戦! ハリウッド映画にも匹敵する怒涛のアクションシーンの連続と、倉木や大杉ら警察官vs陰謀に加担する者たちとの熾烈な攻防。これまでの日本の“刑事ドラマ”の概念をくつがえすようなダイナミックさも、本作の見どころとなっている。「警察官同士だから倉木と大杉が共闘するバディもなのかと思いきやそうはならず、対立しながらちょっとずつ絆や信頼を深めていく感じがたまらないですよね。『MOZU Season2 ~幻の翼~』では明星と3人で協力するようになりますが、それでも個人個人で暴れまわっていますし(笑)」。 彼らの活躍をとくに堪能できるオススメのシーンを訊いてみると「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」のクライマックスである空港でのシーンを挙げ、「ものすごくハードボイルドにした『ダイ・ハード2』みたいで興奮しました!」と言葉に熱が入る。ブルース・ウィリスの代表作として知られる「ダイ・ハード」シリーズは、持ち前の運の悪さでテロ事件に巻き込まれるニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事が、果敢にテロリストたちに挑んでいく姿を描き絶大な人気を博したアクション映画の代名詞。1990年に製作された2作目は、クリスマスの空港を舞台に麻薬王の奪還を狙うテロ組織とマクレーン刑事の大激闘が描かれた。 「もしかすると『MOZU』のほうが激しいかもと感じてしまったぐらいです。西島さん演じる倉木は不死身なのでは?と何度思ったことか…。それでも血みどろになりながらもずっとスーツ姿のままアクションに挑んでいる姿はスマートで、毎日あんなにズタボロになってスーツどうしてるんだろうって心配になりました(笑)。それにタバコの煙が印象的に使われていたり、昔の刑事ドラマみたいな渋い描写がたくさんあって、『007』シリーズっぽさもあります」と、細かい部分にいたるまでハードボイルドを追求した世界観にひときわ魅了されたようだ。 ■レコメンド3 ハードボイルドな男たちが放つ色気 そしてやはり見逃せないのは、本作の主人公である倉木を演じる西島の放つ独特な魅力だ。「普段は無口で一匹狼で、すごく冷酷そうな雰囲気があるけれど、奥さんが死んだ理由を知るためには感情をあらわにする。そんな人間味あふれる姿にちょっぴり共感しながら、同時に奥さんへの愛情の深さに切ない気持ちになりました」と語る山田は、そのギャップとも異なる二面性を携えたひたむきな主人公像に、『アジョシ』(11)のウォンビンを想起したという。 元特殊部隊員だった孤独な男が、自分を慕う少女を救うために殺人マシーンへと覚醒する『アジョシ』は、2000年代の韓流ブームを牽引したスター、ウォンビンの新たな一面を導き日本でもヒットを記録した。「絶対にこんな人いなさそうだって思うぐらい、何事にも動じない人が、突然我を忘れて熱くなる姿というのはとても魅力的で映画的です。渋くてミステリアスな一面と、人間らしい部分がどの登場人物にもあって、みんな本当にカッコいいんです」と、ほかのキャストにも言及。 「香川さんが演じる大杉も、別居している娘との関係性がすごく役柄に深みを与えてくれていて、それはスピンオフの『大杉探偵事務所』でも丁寧に描かれていました。それになんといっても、東を演じた長谷川博己さんですよね!テレビの前で『こういう長谷川博己が見たかったんだよ!』と思わず叫んでしまいました(笑)。あのキャラクター性の強さ、倉木との絶妙な関係性、その魅力が作品の世界観とはまた異なるゾーンに入っていて、画面に登場するたびに目を奪われました」と惚れ惚れした様子で語った。 … 最後に山田は、豪華キャストの共演に触れながらこうまとめる。「連続ドラマだからこそ、その作品に入るためのフックは大事になると思います。これだけ豪華な方々が揃っている『MOZU』シリーズには、きっと誰か1人は好きな俳優さんや気になる俳優さんが出ていると思います。そういう入口から始めても、第1話を観終わった頃には展開の魅力やスケールの魅力に取りつかれて、自然と続きが気になって気になって、気が付いたらシリーズを一気に観ていることでしょう」。 「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」(全10話)は、9月6日(日)15時55分より、「MOZU Season2 ~幻の翼~」(全5話)は9月13日(日)18時20分よりWOWOWプライムにて一挙放送。また、「MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所 ~美しき標的編」は9月20日(日)19時45分より、「MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所 ~砕かれた過去編」は9月20日21時20分より、WOWOWプライムにて放送。 ※放送内容変更に伴い、記事初出時より番組内容に関する記述を一部変更しました。 文/久保田和馬

【関連記事】