Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

亀梨和也が“恐怖の生配信”に挑戦! 「事故物件 恐い間取り」本予告&ビジュアル完成

配信

映画.com

 [映画.com ニュース]亀梨和也(「KAT-TUN」)が主演し、“事故物件住みます芸人”松原タニシのノンフィクションを映画化する「事故物件 恐い間取り」の本予告編(https://youtu.be/85sfRzzLrn8)とメインビジュアルが、このほどお披露目された。  ホラー映画の巨匠・中田秀夫がメガホンをとり、松原が事故物件(殺人、自殺、火災などによる死亡事故などが起こったいわくつきの部屋)に住み実体験をつづったベストセラー本「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房刊)を映画化。売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨)は、プロデューサーから無茶ぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むことに。1軒目の部屋では映像には白いものが映り、音声が乱れていた。番組は盛り上がり、ヤマメはネタ欲しさに様々な怪奇現象が待ち受ける事故物件を転々としていくが、やがて想像を絶する恐怖に遭遇する。  本予告は、番組プロデューサーから「そこ住んで心霊映像撮れたら新コーナー作ったるがな」と事故物件に住む企画を無茶ぶりされる売れない芸人・ヤマメの姿を活写。事故物件に暮らし始めた初日の夜、撮影した映像には“何か”が映っていることが確認できる。やがて、謎の留守電メッセージ、ファンとの写真撮影で起こった不可解な出来事など、謎めいた怪奇現象が次々と発生。周囲の人々から警告されたにもかかわらず、事故物件での生配信に臨むヤマメ。突然チャイムが鳴り響き“最恐の結末”へと導かれていく。  メインビジュアルは、ヤマメに加え、メイクアシスタント・梓(奈緒)、ヤマメとお笑いコンビ「ジョナサンズ」を組む相方・中井(瀬戸康史)が、事故物件の部屋の隅に追いやられている様子をとらえたもの。3人は恐怖におののいており、想像を絶する出来事が起きていることが想像できる。  「事故物件 恐い間取り」は、8月28日から全国公開。

【関連記事】