Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

休業緩和2段階で再開するミニシアター「3億3000万円支援」は命の水になるか?

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

新型コロナウイルスの影響で休館を余儀なくされた全国のミニシアター(小規模映画館)が、緊急事態宣言の解除に伴い続々と再開している。 【全画像をみる】休業緩和2段階で再開するミニシアター「3億3000万円支援」は命の水になるか? 東京都は独自のロードマップを発表し、休止要請の段階的な緩和を進めている。映画館に関しては、緩和基準の2段階目「ステップ2」に分類。29日に開かれた東京都の対策本部会議で、6月1日からステップ2への移行が決定したところだ。

ミニシアター・エイド基金で1カ月間で3億3000万円を集める

今回の新型コロナウイルス感染症は、全国のミニシアターに存続の危機をもたらしたのと同時に、ミニシアターの持つ潜在力を見せつけた。 収入が得られず、閉館の危機に襲われたミニシアターを救うために行われたのが、クラウドファンディング「ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金」。 深田晃司監督や濱口竜介監督が発起人となって、有志で立ち上がった。資金を募り、この基金に参加する全国118劇場・103団体に分配する。4月13日にプロジェクトをスタートさせると、4月15日には1億円を突破した。そしてプロジェクト最終日は5月14日だったが、ホームページにアクセスが集中したのか、繋がりにくくなり、急遽1日延長することに。 最終的に2万9926人から合計3億3102万5487円と驚異的な金額が集まった。 ミニシアター・エイド基金で集まった約3億3000万円は、基金に参加し、ミニシアターを運営する各団体に約300万円ずつ分配される。 新潟県上越市にある1911年開業の映画館「高田世界館」は、5月15日に再開した。上野迪音支配人は、基金から得られる分配金に感謝した。 「コロナが報道されるにつれて、2月頃から客が減り、休館する4月中旬前には、何をしても人が来ず、1日の上映で計7人の日もありました。通常時であれば、平日で30人、休日で60人。うちはテナントではなく、運営を少人数で行っているので固定費も少ないのですが、経営的に厳しくなります。だから、基金の配分金(約300万円)を頂けることは、通年の売り上げ減の穴埋めになりますし、それ以上に、気持ちの面で、まだなんとかやれるという支えになります」 高田世界館は、映画上映中に歌ったり踊ったり、紙吹雪が舞ったりする「マサラ上映」(インド式映画視聴スタイル)やスクリーンに向かって声援を送る応援上映で有名だ。 「当面、マサラ上映ができないかもしれません。接触感染や飛沫感染の恐れがあります。売りのマサラ上映ができないのは痛い。それが好きで来られるファンの方々が多く、県外からも来るほどです。今後も、高田世界館ならではの、イベントやオフ会に力を入れていきたい」

【関連記事】