Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】土壇場で勝ち越し点を挙げた阪南大高が準決勝へ

配信

高校サッカードットコム

大会開催の延期が相次ぐが、サッカーの炎は絶やすな! 過去の熱線をプレイバック! 【2019.11.03 第98回全国高校サッカー選手権大阪予選 準々決勝 阪南大高 vs 履正社】 【フォトギャラリー】阪南大高 vs 履正社  11月3日、第98回全国高校サッカー選手権大阪予選準々決勝が鶴見緑地球技場で行われ、総体予選覇者で4年ぶりの優勝を目指す阪南大高が5年ぶりの全国を狙う履正社を下し準決勝へ進出した。 序盤から両チーム前線からアグレッシブにプレスをかけ相手の自由を奪う。その為ロングボールが多くなり中々落ち着かない展開。立ち上がり阪南大高は敵陣でFKのチャンス2回得るもどちらも決定機には繋がらず。その後はどちらも主導権を掴めず時間が経過していく。ようやく32分に履正社に決定機。9番FW藤原聖大が浮き球のパスに反応してDFの裏に抜け出しGKと一対一になるも、GKが前に出て来て間合いを詰められシュートをストップされてしまう。対する阪南大高も36分にCKから決定機を迎えるもGKにセーブされノーゴール。スコアレスで前半を終える。 後半、まずは履正社が仕掛ける。いつも通り選手交代で3トップにシステムを変更し攻勢に出る。すると55分履正社に決定機。右サイドを崩しクロスが上がると中央で19番FW神田拓海がフリーでヘディングシュート。GKも出られない完璧なタイミングだったがこれを左に外してしまう。履正社が絶好のチャンスを逃してしまうと、流れを掴めないでいた阪南大高に先制点を許してしまう。60分、阪南大高は7番DF中村陽紀の左CKをニアで19番DF高木践が頭で合わせゴール。押し気味に進めながら先制点を許してしまった履正社だったが68分、左サイドを崩し6番中川慶虎の左足クロスに17番FW井谷洸一郎が飛び込むとDFのクリアが小さくなり、それを拾った8番MF平岡大陽が右足を振りぬき同点ゴール。鉄壁を誇る阪南大高はこれが今大会初失点。更に勢いに乗る履正社はその後も追加点を狙い阪南大高ゴールに迫るもゴールをこじ開けられないでいると、延長戦突入間近の80+3分、阪南大高がワンチャンスをモノにする。9番FW篠畑純也が右サイドからPAに侵入すると、抜き際に足をかけられPKを獲得。これで篠崎は負傷交代となってしまうが、代わりにキッカーを務めた先制ゴールの19番DF高木践が落ち着いてゴール右隅に決める。土壇場で勝ち越し点を挙げた阪南大高がそのまま勝利した。 あと一歩まで今大会本命と言われる阪南大高を追い詰めたものの、悔しい敗戦となってしまった履正社平野監督は試合後「悔しいね。これが大阪1部とプリンスの強度の違いだよね。今年は3年生のスイッチが入る時期が遅かった。もう少し早く入れさせてあげてればね。選手権出たかったよね」と悔しがり、「プリンスリーグの入れ替え戦をがんばります」と話した。 勝利した阪南大高の濱田豪監督は「内容は相手に圧倒されていましたね。対策されるのは分かっていたので慌てないでやろうと選手に言っていたんですが僕が慌ててしまいました(笑)1点取って喜びすぎました。選手権予選はいつもこんな感じだけど今日は勝ててホッとしました。本当は1-0で勝ちたかったんですけど、今日はやられてしまったので来週はしっかりやりたいです」と語った。

【関連記事】