Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「全ての文字がお殿様の字」姫路城の『御城印』がついに登場 お城で提供されている『御城印』の魅力とは?

配信

MBSニュース

神社やお寺の御朱印ではなく、城を訪れた記念として提供されているのが「御城印」。デザインにも城の個性が出ていると人気で、今や全国で200か所を超える場所で提供されているといいます。そんな「御城印」を『世界遺産・姫路城』が2月限定で販売開始。その初日には、わざわざ夜行バスで駆け付けた人もいました。

全国200か所超 城を訪れた記念に「御城印」

明智光秀ゆかりの京都・福知山市「福知山城」。2020年から天守閣で販売され人気を集めているのが『御城印』です。価格は1枚300円(税込み)。訪れた人が次々に購入しています。 「御城印。ちょっといい記念になるかなと思って。」(兵庫・尼崎市から来た女性) 「嬉しいです、なんか記念に残る感じがして。大事にします。」(東京から来た女性) 城を訪れた記念として提供されている御城印。ここ数年で増え、全国で200か所を超えます。

デザインも様々 海外の方からも人気

デザインにも城の個性が出ています。城主の家紋が大きく入ったものや、武将のイラストが描かれたもの、期間限定のデザインや他の城とコラボしたものまであります。御城印は海外からの観光客にも人気です。 「(御城印は)日本の文化を感じる、私にとっては大切なもの。」(フランスから来た女性) 「日本の文化というか城が好きなので、記念として買っちゃいました。家紋が付いているところが面白いと思います。」(台湾から来た女性) さらには各地の御城印を集めたガイドブックも登場。その人気は着実に高まっています。

姫路城の御城印は「全ての文字がお殿様の字」

そんな中、2月に満を持して世界遺産・姫路城が御城印を出すことになりました。国宝に指定されている5つの城の中で唯一、御城印が無かったため問い合わせも多く、2月限定で販売することにしたのです。価格は1枚300円(税込み)です。姫路城では他の城にはない“初”の試みを行いました。

「(1772年~1790年まで)姫路藩主であった酒井忠以(さかい・ただざね)の書いた自筆の日記で『玄武日記』という資料。御城印で必要になる文字は、日記の中から探し出して、抜き出しています。」(姫路市立城郭研究室・学芸員 工藤茂博さん)

【関連記事】