Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「うわぁぁ!」「いやぁあははは」白熱・超速の対決に解説・聞き手が“キャラ崩壊”/将棋・AbemaTVトーナメント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 超スピードの白熱した対決に、とうとう解説の棋士、聞き手の女流棋士が“キャラ崩壊”に追い込まれた。5月23日に放送されたプロ将棋界初の団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」で解説を中村太地七段(31)、聞き手を室田伊緒女流二段(31)が務めたが、トップ棋士が繰り出す妙手と、それ以上に「ピッ、ピッ」と知らされる切迫した残り時間に翻弄され「うわぁぁ!」「いやぁあははは」と、普段の放送対局では出さないようなリアクションを連発することとなった。 【映像】将棋っぽくないリアクションの連続  中村七段といえば、実直な性格や粘り強き将棋で人気となり、その様子から「東の王子」と呼ばれる棋士。室田女流二段は、藤井聡太七段(17)と同じ杉本昌隆八段(51)門下で、聞き手としても人気があることで知られている。個性的な棋士、女流棋士もいる中で、分類するならば真面目なところに入ると思われる2人だが、この日ばかりは完全にそのキャラが崩壊した。  2人が壊れ始めたのは、チーム康光VSチーム糸谷の先鋒戦、谷川浩司九段(58)と都成竜馬六段(30)の第1局からだ。谷川九段から強烈な一手が入る局面が近づくと、室田女流二段は、自分がやられるかのように「嫌だー。嫌だー」と、泣き言を連発した。また残り時間が1分を切ると「ピッ」、10秒を切ると1秒ごとに「ピッ、ピッ」と鳴るチェスクロックについては、2人揃って反応。残り1秒を切ったぐらいで都成六段が指すと中村七段も「いや~!すいません、思わず…。今、すごいギリギリだったですよ」と反省。室田女流二段も「ふふふ。切れたかと思いました」と笑った直後に「(指す手が)ない、ない、ない。いやー、もう、見てるだけで手汗が…」と興奮ぶりを伝えた。  中堅戦・森内俊之九段(49)と高見泰地七段(26)の対局時では、2人同時に「いやいやいやいやー」と声を揃えた、中村七段と室田女流二段。大将戦の佐藤康光九段(50)と糸谷哲郎八段(31)の対局時には、既にかなりのダメージが蓄積されていたのか、中村七段が「あぁ、ピーって言われてる」と発すれば、すかさず室田女流二段も「やめて…」とポツリ。終局寸前には、中村七段から「うわぁぁ」と声にならない声が出れば、室田女流二段においては「いやぁあははは」と、悲鳴から始まり笑いに終わるという現象まで起きていた。  収録対局だったこともあり、室田女流二段はTwitterで事前に「解説の中村太地先生とともにキャラ崩壊していると思います」とコメント。中村七段も「2人でわーきゃー楽しくやりました(笑)解説というよりほぼ実況です」とコメントしていたが、視聴者もこの両者のリアクションに大ウケの様子だった。

◆第3回AbemaTVトーナメント  持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行い、1回の対戦は三番勝負。3人1組の12チームが、3チームずつ4つのリーグに分かれて総当たり戦を実施。1対局につき1勝を1ポイント、1敗を-1ポイントとし、トータルポイントの多い上位2チーム、計8チームが決勝トーナメントに進出する。優勝賞金1000万円。 ◆出場チーム&リーダー  豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段、Abemaドリームチーム(羽生善治九段)

【関連記事】