Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

写真・文/矢崎海里 肉巻きやフライ、シンプルに茹でてマヨネーズなど、さまざまな味わいが楽しめるアスパラガス。 旬のこの時期には太くて立派なアスパラガスが並び、ついつい手にとってしまう方も多いのではないでしょうか。 みずみずしく、甘みのあるアスパラガスは老若男女問わず人気の野菜です。 今回はアスパラガスの栄養を生かした、シャキッと食感が楽しめるレシピを2つご紹介します。

アスパラガスとささみの海苔春巻き

【材料】(1人分) アスパラガス 2本 鶏ささみ 2本 おにぎり用海苔 2枚 春巻きの皮 2枚 水溶き片栗粉 少々 サラダ油 小さじ1/2 ★マヨネーズ 大さじ1 ★七味 お好みで

【作り方】

1.アスパラガスは1/4に、鶏ささみはすじを取り千切りにする。おにぎり用海苔は半分に切る。 2.春巻きの皮は対角線に切り三角形にする。★の調味料を混ぜておく。 3.春巻きの皮の上に海苔、アスパラガス、鶏ささみの順にのせ、包む。巻き終わりに水溶き片栗粉を付け、とめる。

4.フライパンにサラダ油を薄く塗り、3を中火でふたをして焼いていく。焦げ目が付いたら裏返し、両面焼く。

5.七味マヨネーズを添え、完成。 揚げずにこんがり焼く春巻きは、皮で包むことで中のささみとアスパラガスが蒸し焼きになり、甘さが引き立ちます。 春巻きの皮は、意外と塩分が多いのをご存じですか? 10枚で食塩相当量は1.5g。 今まであまり塩気を感じずに食べている方も多かったのではないでしょうか。 今回は通常サイズの春巻きの皮を半分に切ることで、春巻きの本数は減らさず、塩分を控えました。 海苔や七味マヨネーズの風味もいいアクセントになります。 アスパラガスのビタミンを逃さないため、焼いたり炒めたりする調理法がおすすめです。 アスパラガスには、「アスパラギン酸」と呼ばれるアミノ酸が含まれているのが特徴。 その名の通りアスパラガスから発見されたアミノ酸で、たんぱく質の合成に関与します。 また、エネルギー産生にもはたらき、疲労の元である乳酸の分解を促進し、体力アップなどに役立つ成分です。 食塩相当量:0.7g

【関連記事】