Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FIA-F2/FIA-F3に参戦するドライバーらによるバーチャルレースを開催。松下信治も参戦

配信

オートスポーツweb

 5月3日(日)、FIA-F2とFIA-F3に参戦する現役ドライバーらが参加するバーチャルレースが開催される。舞台は両カテゴリーの開幕戦として予定されていたサクヒールのバーレーン・インターナショナル・サーキットだ。  F2とF3のバーチャルレースが開催されるのはこれが初めてのことで、『F1 2019』に収録されているF2マシンを使用しての戦いとなる。レース形式は2レース制で、最初に30分のフィーチャーレース、その後5周のスプリントレースが行われる。スプリントレースのグリッドについては、フィーチャーレースのリザルトの上位8名にリバースグリッドが適用される。  今回のレースでは各チームが2台ずつエントリーしているが、BWT HWAレースラボは昨年スパ・フランコルシャンで起きた大事故に巻き込まれて亡くなったアントワーヌ・ユベールに敬意を表して1台のみでのエントリーとなっており、全10チーム19名で争われる。  F2からは、同日行われるF1バーチャルGPの第4戦ブラジルに参戦予定のルイ・デレトラズやクリスチャン・ルンガーらをはじめ、松下信治の参戦も決定。またユベール同様にスパでの大クラッシュに遭い、現在もリハビリを続けているファン-マヌエル・コレアも参加する。  F3からはレッドブルの育成ドライバーであるリアム・ローソンやジャック・ドゥーハンなどが参戦。またシャルル・ルクレールの弟、アーサー・ルクレールが参加することも決まった。  なおレース中のマシンの競争力などを維持するため、セットアップは固定となるが、ドライバーエイドは許可されている。  レースは5月3日(日)の15時UTC(日本時間5月4日0時)より、F1の公式YouTubeチャンネルやTwitchで配信される。また今後は、バルセロナ、モンテカルロ、バクーでのレースも予定されている。 ■F1公式YouTubeチャンネル  https://www.youtube.com/user/Formula1/featured ■Twitch  https://www.twitch.tv/formula1 [オートスポーツweb ]

【関連記事】