Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“イケメン3兄弟”の共演シーン初公開!メインキャストのコメントも<映画「名も無い日」>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

日比遊一監督の最新作「名も無い日」(2021年公開)で3兄弟を演じる永瀬正敏、オダギリジョー、金子ノブアキと、今井美樹、真木よう子のメーンキャスト5人のコメントとシーンカットが到着した。 【写真を見る】13年ぶりの映画出演となる今井美樹に注目 同作は、日比遊一監督自身の半生が色濃く反映されたオリジナルストーリー。日比監督の出身地でもある愛知・名古屋を舞台に、時にミステリアスに、時にエモーショナルに、故郷と家族の真の形を浮き彫りにした濃密な人間ドラマで、家族の死に直面する主人公を永瀬、故郷で独り苦悩する次男役のオダギリ、健気に兄弟を支える三男役の金子が演じている。 ■ 永瀬正敏のコメント 様々な想いが交錯し、ぶつかり混じり合い、そして一つになって作品が完成しました。沢山の皆さんに届きます様に...天国のあの方にも。 ■ オダギリジョーのコメント コロナは我々に色んなことを考えさせた。今まで重要だと思っていたものは、いざという時には意外と必要なかった。本当に必要なもの、大切なものは、案外、少ない事に気が付いた。この映画を観た時、まさに同じ事を感じた。 ■ 金子ノブアキのコメント 今も事ある毎に今作と向き合っていた時間を思い起こします。重大な命の記録に携わらせて頂けた事を忘れません。監督の芯から溢れ出る愛情、葛藤、現場での涙を忘れません。人生は讃えられるべきものなのだと改めて教えて頂きました。皆様の平穏を願っています。心より感謝を込めて。 ■ 今井美樹のコメント 自分で決めた道を真っ直ぐに走り続けたからこそ、いつか勇気を持って振り返らなければならない事がある。家族の事、故郷の事、自分のこと。何に支えられてきたのか?誰かを支えてきたのか?どう生きてきたのか?その問いかけは、きっとこれからの為の問いかけ。監督の勇気に拍手したい。 ■ 真木よう子のコメント 繰り返していく毎日で、私の側に存在する愛する命の鼓動は、当たり前ではないという事、笑顔や悲しみさえも感じられる距離や、転んだら、助けられる自分の力さえも、その存在ありきの感謝である事。そんな事を改めて深く感じざるを得ませんでした。 ■ 映画「名も無い日」のストーリー 愛知県名古屋市熱田区に生まれ育った小野家の3兄弟、長男・達也(永瀬正敏)、次男・章人(オダギリジョー)、三男・隆史(金子ノブアキ)。 自由奔放な長男・達也は、名古屋を飛び出し、ニューヨークで暮らして25年。自身の夢を追い、写真家として多忙な毎日を過ごしていた達也だったが、突然の弟の訃報に名古屋へ戻る。自ら破滅へと向かってゆく生活を選んだ弟に、一体何が起きたのか。 達也は、カメラを手に過去の記憶を探るように名古屋を巡り、家族や周りの人々の思いを手繰りはじめる。(ザテレビジョン)

【関連記事】