Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最大のリスクは喫煙! 18~25歳の若者の3人に1人は新型コロナウイルスで重症化する可能性あり

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

18~25歳の若者の3人に1人は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染、重症化するリスク因子を少なくとも1つ持っていることが最新の研究で分かった。 【全画像をみる】最大のリスクは喫煙! 18~25歳の若者の3人に1人は新型コロナウイルスで重症化する可能性あり 研究者たちは、18~25歳の若者にとっては喫煙が最も一般的なリスク因子だと考えている。 基礎疾患や遺伝的差異といった別の因子も若者を重症化させる可能性があるという。 "若者は新型コロナウイルスで重症化しにくい"ということは、誰もが知る事実となりつつある。 米疾病予防管理センター(CDC)によると、アメリカでは3月、新型コロナウイルスで入院した患者の約25%を18~49歳が、約43%を65歳以上が占めていた。また、2月から5月にかけて新型コロナウイルスで死亡した人のうち、18~44歳は約3%で、65歳以上が約80%だった。 だが、ある因子が年齢に関係なく、重症化を招きかねないことが分かった。カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究者たちによる最新研究は、18~25歳の若者の3人に1人はCOVID-19で重症化する可能性があると考えている。 喫煙習慣や、心臓病、糖尿病、喘息、肥満、自己免疫疾患、肝機能障害といった持病などのリスク因子が少なくとも1つあれば、患者は重症化しやすいという。 そして、研究者たちは喫煙が18~25歳の若者にとっては圧倒的に最も一般的なリスク因子だと見ている。研究では、約8400人の若者のうち約25%が過去30日以内にタバコ、電子タバコ、葉巻を吸っていた。 一方、持病があったのは約16%だった。中でも喘息が最も多く、18~25歳の若者のうち9%が喘息持ちだと報告されている。過去30日以内にタバコを吸っていたのは約12%、電子タバコを使っていたのは約7%だった。 「電子タバコの利用者を含め喫煙者をサンプルから除外すれば、医学上脆弱となるリスクは半減する」と研究者らは指摘する。喫煙しない若者の場合、新型コロナウイルスが重症化しやすいのは6人に1人になるという。 この調査結果が出る数日前には、世界保健機関(WHO)も喫煙と新型コロナウイルスの重症化例のつながりに警鐘を鳴らしていた。 「喫煙によって年間800万人が死亡している。だが、その習慣を捨てるのにさらなる動機付けが必要だというなら、パンデミックがそのインセンティブを与えている」とWHOのテドロス事務局長は7月10日の記者会見で述べた。 「非喫煙者よりも喫煙者の方が、新型コロナウイルスが重症化しやすいことを研究結果が示している」という。

【関連記事】