Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

裁判報道の絵、あの独特なタッチの正体は? 時間の制約の中でプロの技、知られざる法廷画の世界

配信

withnews

【取材リクエストに応えました】 新聞やテレビが報じる裁判のニュースで、被告人や裁判官の様子を描いた「法廷画」が登場することがあります。普段何げなく目にする法廷画は、一体どのような人が描いているんでしょうか。そして、どこか似ているあのタッチは一体……。読者からの「取材リクエスト」を受け、調べてみました。(withnews編集部・丹治翔) 【写真】独特のタッチはどうやって生まれる? 記者を「法廷画風」に描いてもらったら……、制作風景を公開

法廷内での撮影はNG

話を聞いたのは、朝日新聞で法廷画を描き始めて6年になる柚木(ゆのき)恵介さん(41)です。最近では、相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件に関する裁判を担当しました。 日本の裁判所では、報道などの目的で裁判官の許可があった場合、審理が始まる前の廷内撮影は認められていますが、それ以外は禁止となっています。メモやイラストは認められているので、裁判の様子を視覚的にも伝えたい場合、新聞社やテレビ局は法廷画家に依頼をするのが一般的です。

独特のタッチは「クロッキー」

柚木さんによると、法廷画の仕事は傍聴席の位置取りから始まります。「被告人がどこに位置してもいいように、報道関係者が座るエリアの中でもできるだけ前列を取ります。ほかのマスコミの画家も狙っているので、早くから待機していることもあります」 座席を確保したら、スケッチの開始です。裁判官との位置関係などから、絵の構図を決め、スケッチブックに鉛筆を走らせていきます。限られたスペースなので、法廷に持ち込むのは、他に修正用の「練り消し」だけ。スケッチに目処が立ったら、裁判の途中でも退室し、別の場所で色づけなどの仕上げをします。 「注目事件では傍聴人も増えるので、一つの席を他の画家たちと順番で座ることも。ある裁判では、持ち時間が2分だったこともあります。そうでなくても速報記事にあわせて完成させることを求められることもあるので、10分以内にはスケッチを終わらせます」 まさに時間との戦い。そこで柚木さんが用いているのは、短時間で人物を写生する「クロッキー」という描き方です。 シンプルな線で特徴を素早く捉えていく画家にとっては基礎技術の一つで、「美大受験の時は、通学の電車で座っている人などをモデルに毎日練習していました」と柚木さん。読者が気になっていた独特のタッチについては、「時間の制約上、クロッキーの人が多いからだと思います」と回答してくれました。

【関連記事】