Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「浮気」さん? 「一円」さん? 滋賀県ならではの難読名字、なんて読むの!?

配信

FASHION BOX

滋賀県といえば日本最大の湖・琵琶湖をはじめ、特産品の鮎やシジミ、そしてご当地キャラの「ひこにゃん」など、たくさんの魅力に溢れた県として知られている。そんな滋賀県の知られざる特徴が「名字」だ。一見なんと読むのかわからない“難読名字”や“珍名字”が全国の中でもひときわ多い、そのルーツなどを姓氏研究家の森岡浩さんに伺った。

全国の傾向とは違う!? 滋賀県の名字ランキング

滋賀県の名字ランキングのベスト5は、「田中」、「山本」、「中村」、「西村」、「山田」で、まさに近畿地方の典型例。その一方、特徴的なのは6位の「中川」と7位の「北川」がほぼ同数で並んでいることだ。 どちらも決して珍しい名字ではないが、人口比ではともに滋賀県が日本一。特に、「北川」がベスト10に入っているのは全国でも滋賀だけである。

また、15位の「辻」、16位の「奥村」、18位の「西川」なども、これほどランキングの上位に入っている県は珍しい。それ以外を見ても、地形や方位に関係する名字が圧倒的に多く、100位以内に県独自の名字がほとんど見受けられないほどだ。上位の名字はお隣の京都と似通っており、歴史的な結びつきの強さを感じさせる。 このほか、「藤居」、「松居」、「中居」など「井」の代わりに「居」を用いた名字が多いのも滋賀の特徴。その中でも、「藤居」は全国の約半数にのぼり、長浜市と彦根市に集中している。

お金とは関係ない「一円」さん

近畿地方の典型的な名字が多く見られる滋賀県だが、この地ならではの名字もたくさんある。「一円(いちえん)」は多賀町などで見られる独特の名字で、お金の単位に由来するものに思えそうだが、実際は町内にある地名がルーツ。後に一族は土佐に移っており、現在でも一円氏は滋賀県と高知県に集中している。「上坂」は全国的に「うえさか」と読むケースが多いが、滋賀では9割以上が「こうさか」。近江国坂田郡上坂がルーツとされ、戦国時代に浅井氏の家臣となった上坂氏などが有名。ちなみに、地名の読み方は「こうざか」と濁る。 戦国時代といえば、現在、滋賀県にゆかりの深い武将として真っ先に名が挙がるのは、明智光秀だろう。大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公として脚光を浴びたことで、城主として治めた坂本(大津市)の住民らに慕われていた名君としての顔がクローズアップされるようになった。一般的に、光秀は美濃の名門・土岐(とき)氏の流れを汲む土岐明智氏の出身とされ、その名字のルーツは美濃国可児(かに)郡明智荘(岐阜県可児市)にある。

【関連記事】