Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【朝めし自慢】伊東はじめ(シャンソン歌手・72歳)「チーズトーストとわが家特製の野菜スープです」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

【伊東はじめさんの定番・朝めし自慢】

2015年11月13日、フランスで起きたパリ同時多発テロ事件。その時、フランス全土の人たちが 手を繋ぎ、犠牲者に捧げた歌がジャック・ブレル(1929~78)の『愛しかない時』であった。 そのブレルを歌い続ける日本のシャンソン歌手がいる。伊東はじめさんである。 「『愛しかない時』は僕のCDでは『この地球(ホシ)の果てまで』というタイトルで収録していますが、ブレルという人は愛や死、また人生における苦闘などを高らかに歌った。ブレルが逝った49歳という年齢を僕はとうに超えたけれど、彼の歌の根底にあった人間愛を、これからも歌で表現していきたい」

昭和22年、鹿児島生まれ。小学5年の時、歌唱コンクールで優勝。セルロイド盤のレコードに録音したのが、優勝曲の『旅愁』だった。歌うことを意識した最初である。 高校3年の夏、教育者だった父がピアノを買ってくれた。受験までの3~4か月、猛勉強して東邦音楽大学声楽科に合格。深緑夏代さんに師事してシャンソンを歌い始め、第4・第5回シャンソンコンクールで入賞を果たした。 「シャンソン喫茶『銀巴里』で初めて歌ったのが20歳の時。ブレルの歌に出会ったのもこの頃です」

昭和44年、コロムビアレコードよりプロデビュー。22歳だった。あれから半世紀、シャンソン歌手として、またミュージカル俳優として第一線で活躍し続けてきた。

喉のために刺激物はご法度

「ブレルの作品は、体力がないと歌いきれません」 という伊東さんの健康づくりは、まず歩くこと。自宅から個人スタジオへは徒歩通勤。毎日、往復4kmを7000歩ほどで歩くという。 加えて、ステージでは立ち居振る舞いなど、視覚的要素も大きい。弟子への振り付けや、自らのダンスレッスンでも汗を流す。

食事は3食摂るが、昼はおにぎりや蕎麦と軽め。朝食には伊東家特製の野菜スープを欠かさない。 「野菜スープの“素(もと)”を4~5日分作り置きし、日替わりでトマト味やカレー味、また牛乳を入れたりポーチドエッグを落としたりします」(さくら夫人)

【関連記事】