Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大城も名を連ねることになるか? 巨人を支えた生え抜きの名捕手たち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 1934年に創設され、リーグ優勝46回、日本一22回と圧倒的な成績を残し、球界の盟主と称される巨人。これまでに何度も「黄金期」と呼ばれる時代を経験しているが、その裏にはチームを陰から支える生え抜きの名捕手がいた。今回は、「巨人を支えた生え抜きの名捕手」を紹介する。 小林誠司よ、打てるキャッチャーになって原監督を見返してやれ!/川口和久WEBコラム

戦地で散った巨人最強の名捕手

 1リーグ時代に、巨人はリーグ6連覇を記録。初代監督の藤本定義が率いたこの時代を第一次黄金期と呼ぶが、1938年秋季から1941年までのリーグ4連覇に大きく貢献したのが吉原正喜だ。1938年に川上哲治と共に入団した吉原は、いきなりレギュラーに選ばれ、35試合中34試合に出場。同年秋季は全試合に出場し、好捕と強肩でチームを支えた。多くのレジェンドが「最高の捕手」として挙げるほどのプレーで不動の正捕手となった吉原だが、1941年に徴兵されて退団。残念ながら戦地で命を落とすこととなった。巨人でのプレーはわずか4年と短かったが、その活躍が現在の巨人の礎になったことは間違いない。  2リーグ制となった1950年からは水原茂(円裕)がチームを率い、退団するまでの11シーズンで8度のリーグ優勝を記録。特に1955年からのリーグ5連覇は、生え抜き捕手の藤尾茂の存在が大きかった。1953年に入団した藤尾は、3年目の1955年の日本シリーズで活躍したことから正捕手の座を獲得。1956年は117試合に出場し、打率.276、14本塁打とリーグ上位の数字を記録、守備面だけでなく強打でもチームに貢献した。レギュラーとなった1956年からは4年連続でベストナインにも選出されており、巨人の顔の一人でもあった。

 藤尾に代わり台頭したのが森昌彦(祇晶)だ。プロ4年目の1959年に本格的に起用され、1961年に川上哲治が監督に就任すると不動の正捕手として重宝されることとなる。森の打力は高くなかったが、インサイドワークは球界屈指のものだった。川上政権時の巨人は1965年から1973年までリーグ9連覇を記録。いわゆる「V9時代」だが、森の頭脳なしでは難しかっただろう。

【関連記事】