Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DeNA・佐野恵太 たたき込まれた“四番道”/タイトル争い参戦中!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 もう勢いだけとは言わせない。開幕からDeNAの四番に起用され続けている佐野恵太のバットは、8月に入るとさらなる加速を見せた。月間成績はリーグ3位の打率.346をマークし、6本塁打、22打点は堂々のトップだ。ホームゲームでお立ち台に上がることも実に3回。主砲と呼ぶにふさわしい打棒で、開幕前の看板だったソト、ロペス、オースティンの助っ人大砲トリオが振るわないチームを引っ張った。  シーズン打率でも3割5分を超えヤクルトの村上宗隆らとハイレベルな首位打者争いを展開。安打数は独走状態だ。昨季までレギュラー経験もなかった25歳は連日、試合前の練習でラミレス監督から“四番道”をたたき込まれている。それは3ボール0ストライクからも打ちにいく特権だったり、その日の先発投手に対するアプローチに関する考え方だったりするそうだが、試合を重ねて佐野の打撃は熟練味を増している。  象徴的な打席がある。8月8日のヤクルト戦(神宮)で小川泰弘から放った決勝2ランは、粘った末の12球目を仕留めている。佐野はフルカウントから6球ファウルする間に内角、外角と揺さぶりをかけた速球を難なくカット。最後にヤクルトバッテリーが選択した外角から曲げるスライダーは、意表を突くことに賭けたような甘い球だった。  この一連の流れを、ラミレス監督は「パーフェクトアプローチだ。あの打席を見て、巨人の菅野(菅野智之)からも粘ってホームランしたことを思い出した」と絶賛した。9月に入り、対戦チームの内角攻めが顕著に増えている。それも「ポスト筒香」抜てきと思われた佐野が、真の四番になった証拠だ。 写真=大賀章好

週刊ベースボール

【関連記事】