Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

年収600万円で家計破綻も…マンション「維持費」の意外と知らない実態

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
現代ビジネス

 マンションを取得すれば管理費、修繕積立金、それにクルマのある人なら駐車場使用料がかかる。それは知っていても、実際にどれくらいの負担なのかを分かっている人は少ないのではないだろうか。 【実名公開】いまマンションを「買っていい街」「ダメな街」  実は、首都圏ではこの維持費が、平均でも月額5万円以上に達するのだ。それを前提に購入後の生活を考えないと、新居での生活に余裕がなくなって、バラ色のはずのマイホーム生活が色あせたものになりかねない。

首都圏新築マンションの駐車場は2万円台

 民間の調査機関である東京カンテイによると、2019年に分譲された新築マンションの管理費、修繕積立金、駐車場使用料は図表1のようになっている。 ---------- 図表1 三大都市圏別の管理費・修繕積立金・駐車場使用料(単位:円) ----------  首都圏では、管理費が1万9085円、修繕積立金が7826円で、駐車場使用料が2万3563円なので、合計すると5万0474円に達する。近畿圏は3万3802円、中部圏は3万4319円と首都圏に比べると安くはなるとはいえ、それでも決して少ない額ではない。  民間調査機関の不動産経済研究所の調査によると、2019年の首都圏の新築マンションの平均価格は5980万円だから、これを5000万円のローンを組んで買う場合、金利1.0%、35年元利均等・ボーナス返済なしの毎月返済額は14万1142円に達する。  それに、管理費、修繕積立金、駐車場使用料合計の5万474円を加えると、実質的な負担額は月額19万1616円に増えてしまうのだ。

23区の負担は月額6万円以上に…

 年収1000万円の人であっても、月額19万1616円の負担だと、年収に占める負担額の割合は23.0%に達する。年収800万円だと28.7%で、600万円なら38.3%になる。  年収1000万円ならそれなりに余裕があるが、年収800万円だと負担感が強くなり、年収600万円ではかなり生活が圧迫され、家計破綻に陥りかねない。  しかも、首都圏の主要都市別の違いをみると、図表2のようになる。  東京23区では、管理費は2万2911円に増え、修繕積立金はさほど変わらないものの、駐車場料金は3万2025円になって、合計の月額負担は6万3112円と6万円を超えてしまう。 ---------- 図表2 首都圏の主要都市別の管理費・修繕積立金・駐車場使用料(単位:円) ----------  東京23区の新築マンションはやはり不動産経済研究所の調査では、7286万円だから6000万円のローンを組んだとしても、金利1.0%、35年元利均等・ボーナス返済なしの毎月返済額は16万9371円に増える。これに、管理費などの維持費を加えると何と20万円を超えて、23万2483円になる。

【関連記事】