Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日産 巨額赤字決算~とにかく「魅力あるクルマ」を!

配信

ニッポン放送

「報道部畑中デスクの独り言」(第193回) ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、5月28日に発表された日産自動車の決算会見について―

売上高9兆8789億円で前年比14.6%減、営業損益405億円の赤字、純損益6712億円の赤字…5月28日に発表された日産自動車の2020年3月期の連結決算は、予想されてはいたものの、厳しい数字が並びました。

最終赤字はリーマンショック後の2009年3月期以来11年ぶり。6712億円の赤字額は、「日産リバイバルプラン」で多額のリストラ費用を計上し、“膿を出し切った”2000年3月期の6843億円に次ぐ数字となりました。そして、2021年3月期の業績予想は「未定」としています。 「感染症の影響に加え、自社固有の問題による業績の悪化にも直面している」 内田誠社長は会見で、経営の混乱が今回の結果の要因であるという認識を示しました。

「これまで十分向き合って来なかった失敗を認め、正しい軌道へ修正する。回収が見込めない余剰資産の整理を実行し、選択と集中を徹底し、コアマーケットやコアセグメントに持続的なリソースを投入する」 内田社長はこのように述べた後、2023年度までの中期経営計画を発表しました。その内容は……。 ・生産能力を2018年度の年間720万台から540万台に ・スペイン、インドネシアの完成車工場を閉鎖 ・韓国、ロシアからの「ダットサン」撤退 ・全販売台数の約7割を占める北米・中国・日本に集中、欧州など他地域は事業縮小 ・69車種を55車種以下に ・固定費を2018年度に比べて3000億円削減 ・今後18ヵ月で12の新型車を発売 ・国内販売車種の電動化率を25%から60%に増やす。電気自動車2車種、eパワー搭載車を4車種投入 ・世界の販売シェアを6%に 今回の計画については「リストラではない」と語りました。また、巨額赤字は計上したものの、自動車事業の手元資金は2020年3月末の段階で1兆4950億円あり、「必要な資金は確保できている」としています。 「過度な販売拡大は狙わず、収益を確保した着実な成長を狙う」 内田社長の言葉から“デジャヴ”を感じた人は少なくないと思います。思えば、ゴーン体制での「日産リバイバルプラン」は規模を追わず、“筋肉質”の会社を目指していたはず。生産効率を高めるために村山工場を閉鎖するなど、大ナタを振るいました。 「どれだけ多くの努力や痛み、犠牲が必要となるか、私にも痛いほどわかっている」と語ったのはカルロス・ゴーン元会長でした。なぜ、同じ歴史を繰り返してしまうのか。「ゴーンの変節」か、「日産の体質」か……検証に値することだと思います。 一方でさまざまな計画、目標が示されたものの、やはり最大の対策は何度も申し上げていますが、「魅力あるクルマ」をつくることに尽きます。 内田社長は「大きな投資の影響により、日本をはじめとする主力市場へ新商品が投入できないという事態を招いた」と、これまでの国内市場の軽視を認めました。もちろん、計画は世界を見据えることが欠かせませんが、敢えて国内に焦点を当てます。

【関連記事】