Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「 缶入り酒類は、業界でもっとも急成長中のカテゴリー 」:バカルディCEO ジョン・バーク氏

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

閉ざされた空間で大音量の音楽が流れるなか、見知らぬ人たちと大声で語り合う。バーはまるで、新型コロナウイルスを拡散させるために作られたかのようだ。 そのため、人々は自宅で控えめにお酒を飲むようになると、ラム酒ブランドのバカルディ(Bacardi)でCEOを務めるジョン・バーク氏はいう。 「今年の夏は、自宅にいてソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つ方がはるかに快適に感じられるので、自宅で飲む人がかなり増えるだろう」と、バーク氏は米DIGIDAYの姉妹サイトであるモダン・リテール(Modern Retail)のポッドキャストで語った。「我々は、4月はじめからこうした傾向を予測し、すでにかなりの数のブランドをRTD(Ready To Drink:そのまま飲める缶入りやペットボトル入りの酒)パッケージでの製造に切り替えた」。 市場調査企業のIWSR(International Wine & Spirit Research)が最近発表したレポートによれば、RTDはアルコール業界で唯一見通しの明るいカテゴリーで(米国では「ホワイトクロー[White Claw]」が昨年ヒットした)、今年は前年比で20%以上の成長が見込めるという。 また、アルコール飲料の需要はパンデミックの発生前から下降気味で、世界全体の需要が新型コロナウイルス流行前の水準に戻るのは、2024年以降になりそうだと先のレポートは報告している。下降トレンドは強まるばかりだが、バカルディはまさにこのような状況に備えてきたのだと、バーク氏は語る。「飲む量を減らしたり、アルコール度数の少ないものやノンアルコールのものを求めたりする傾向がますます強まると我々は予想している」 このような予測にパンデミックが加わったことを受け、バカルディは「マルティーニ(Martini)」ブランドのノンアルコール食前酒の販売を強化した。「業界は混乱しているが、当社はこうしたイノベーションを実現するという、今年の目標を前倒しで達成する予定だ」とバーク氏は話す。 もうひとつの希望は、ほかの業界と比べて「異常なほど低いレベル」からスタートしたeコマース事業が成長していることだ。「この3カ月で、おそらく2年分の進展が見られていると思う。お酒をオンラインで購入するというeコマース体験がはじめてという人はきわめて多いため、業界の構造に恒久的な変化がもたらされるはずだ」とバーク氏は述べている。 この記事では、バーク氏とのインタビューのハイライトをお届けする。なお、読みやすくするため、若干の編集を加えている。 Subscribe: Apple Podcasts | Stitcher | Google Play | Spotify | RSS

【関連記事】