Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本初のハンバーガーチェーン「ドムドム」発祥の地、町田で50周年コラボメニュー第2弾

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 国内初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」開業50周年メニューが好評だったことを受け、第2弾が9月1日より、ホテル「ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田」(町田市原町田3)で販売されている。(相模原町田経済新聞)  ドムドムハンバーガー(以下、ドムドム)は1970(昭和45)年、ダイエー原町田店に日本初のハンバーガーショップとなる1号店をオープン。現在は閉店しているが、同ホテルが隣にあるという縁でコラボに至った。  第2弾メニューは3種類。手作り厚焼きたまごバーガー(450円)は、ドムドムの厚焼きたまごレシピを忠実に再現しつつ、バンズはホテル仕様。他の2種類はドムドム商品開発チームと社長が監修したホテルオリジナル商品。  五重塔バーガー(1,200円)は、50年の歴史の重みをパティとチーズを重ねることで表現した「タワーバーガー」。ガーリックシュリンプバーガー(900円)は、すり身状の「海老バーガー」ではなく食感と風味を味わえるように姿のまま唐揚げにして使用。コロナ禍で海外に出向けない中で老若男女問わず好まれる、「ハワイのソウルフード味」に仕上げたという。  同ホテル広報担当者は「50周年コラボメニューはとても好評をいただいており、感謝の気持ちでいっぱい」と話す。調理時間がかかるため、テークアウトは電話予約(TEL 042-724-3121、受け付け時間=10時30分~19時30分)を勧める。デリバリーは出前館とウーバーイーツで対応する。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】