Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

流浪将軍・足利義輝の悲しくて哀れな最期。なぜ現職将軍が殺されなければならなかったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

現職将軍足利義輝(演・向井理)が殺害されるという永禄の変が『麒麟がくる』で描かれた。なぜ、義輝は殺害されなければならなかったのか?かつて歴史ファンを虜にし、全盛期には10万部を超える発行部数を誇った『歴史読本』(2015年休刊)の元編集者で、歴史書籍編集プロダクション「三猿舎」代表を務める安田清人氏がリポートする。 * * * ーー(足利)義輝は「天下を治むべき器用あり」(中略)などと評されるほど傑出した人物であったが、三好長慶の没後実権を奪った松永久秀らのために同(永禄)八年五月十九日辰刻急襲されて自殺した。 これは1979年に刊行された『国史大辞典』(吉川弘文館)の足利義輝の項目から抜粋(一部補足)したものだ。 一読して、違和感を覚える箇所がいくつかある。 松永久秀は当時、もっぱら大和国(奈良県)に滞在していて、義輝を討ったのは三好三人衆と呼ばれる三好家家臣(三好長逸・三好宗渭・岩成友通)と、久秀の息子久通だったことが明らかになっている。事件後、久秀は足利義輝の弟覚慶(のちの足利義昭)に対し命の安全を保障する内容の書状を送り、事態の鎮静化を図っている。おそらく久秀は、義輝殺害にはノータッチか、あるいは、せいぜいが黙認する立場だったのだろう。 さらに、ここでは義輝が「自殺」したとしているが、義輝が自害したとする記述は、江戸時代以降の信憑性の薄い記録にしか見えない。同時代の公家山科言継の日記『言継卿記』には、義輝が「生害された」、つまり殺害されたと書かれているので、現在では討ち死にしたと解釈されるのが一般的だ。 何しろ『国史大辞典』が刊行されたのは40年以上前。執筆された時期はさらにさかのぼるだろう。研究が進んだことで歴史的事実の解釈や評価が変わるのは、とくに驚くにはあたらない。 そんなことよりも、この記述が「不審」なのは、「なぜ殺されたのか」がまったく書かれていないことだ。素直に受け取るならば、実権を握った松永久秀らが将軍を殺したというのだから、権力闘争の結果、下剋上が起きたとも読めるが。 しかしこれは、戦国時代の武将・大名は、「だれもが室町幕府の将軍に成り代わって天下を取ろうとしていた」という、いささか古臭いイメージを前提とした解釈だ。現在は、ほとんどの戦国武将は天下人となることなど考えてもいなかったということが、新たな常識になりつつある。ありていに言えば、そんな大それたことを考えていたのは、何十人もいる戦国大名のなかで織田信長ただひとりだったというのが、いまや共通認識なのだ。 それはともかく、いくら松永久秀(は実際にはかかわっていないが)のような権力志向で成り上がった人物でも、意味もなく現職の将軍を殺すなどということは考えられない。室町時代後期の将軍たちは、往々にして政争に敗れて京を追われ、流浪の日々を余儀なくされたが、さすがに命まで奪われたのは義輝だけだ。 いや、もっと時代をさかのぼると、6代将軍の義教が赤松満祐に殺されるという「嘉吉の乱」があった。しかし、このとき「犯人」の赤松満祐は「討伐」の対象となり、2カ月半後には実際に打ち取られている。しかし、足利義輝を殺害した三好三人衆や松永久通は特に討伐されることもなく、いわば「野放し」状態だった。異常と言えば異常な事態だ。

【関連記事】