Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

戸塚純貴、『親バカ青春白書』撮影は「全てを笑いに変える現場」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 俳優のムロツヨシが主演を務め、女優の永野芽郁と親子役で共演する新・日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系/8月2日より毎週日曜22時30分)より、戸塚純貴のインタビューが公開された。永野演じるさくらの同級生・根来役を演じる戸塚は、コロナ禍の中での撮影の様子を「ピンチをチャンスに。全てを笑いに変える現場です」と語っている。 【写真】青い髪が印象的『親バカ青春白書』さくらの同級生でユーチューバー・根来役の戸塚純貴  本作は、大学の同級生となったたった2人の「父と娘の親子」が、大学生活で絆を深める家族の愛の物語。福田雄一がオリジナル脚本の統括と演出を務める。ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となるムロが、娘が大好きすぎて娘と同じ大学に入学してしまった親バカなシングルファーザーで小説家の小比賀太郎、通称“ガタロー”役、永野がその大事な箱入り娘、小比賀さくら役を務める。  インタビューで戸塚は、撮影現場の雰囲気について「現場にはみんなで協力し合うという仲間意識が初日からあったように感じます。ムロさんがそういう雰囲気を自然に作ってくれて、キャストの方々、スタッフさんと乗り越えていけるんじゃないかなという現場の空気を、最初からずっと感じています」と語る。「ある時、(僕の役柄である)根来のYOUTUBE撮影に“フェイスガーズ”という3人組が登場しまして。ムロさんと大志くんと僕の。カメラテスト中だけの限定登場だったので放送はされませんが、『どうも~フェイスガーズで~す』って(笑)」とのエピソードも。  主演のムロについては「役者を始めた当初から凄く尊敬する先輩です。現場での雰囲気づくりはどの現場でも素晴らしいんです。僕に対しては、昔からカメラが自分抜けの時に、『今お前抜けたぞ』とか、『好きなことしていいからな、全部返してやるから』と背中を押してくれたり、いいプレッシャーを与えてくださいます」と絶賛する。「皆を笑顔にするムロさんは僕にとって最高にカッコいい存在です」と戸塚。  劇中の根来は青い髪が印象的だが、これについては「まずヘアメイクさんの提案がありました。『ユーチューバーは明るい髪色のイメージだよね』という話から、青や赤などいろいろ提案していただいて、『青がいいんじゃないか』とこの髪色になりました」と説明する。  福田監督については「役者さんに自由にやらせてくださる方だと思うので、“それにしっかり胸をかりて思いっきりやる”というのが福田さんへの礼儀かなと思っています」と話し、「自由度が高いからこそ、自分の武器を全面に出さないと福田さんも笑ってくださらないので、『戦いだな』といつも福田組では思っていますね」と意気込みを語った。  日曜ドラマ『親バカ青春白書』は、日本テレビ系にて8月2日より毎週日曜22時30分放送。

【関連記事】