Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

女優・三吉彩花 ジェイ・チョウのPV出演で「言霊をすごい実感している」

配信

TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR“「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月6日(月)のお客様は、モデルで女優の三吉彩花さんと俳優の松岡広大さん。同じ事務所の先輩・後輩の間柄である2人が語る「役者論」「人生観」とは……!?

◆やりたいことは自分からアクションを起こさないと(三吉)

松岡:監督とかをやろうと思っていたの、知らなかったから。 三吉:そう。まだ、ほとんど誰にも言ってないのでね。ちょっと具体化したくなってきて、マネージャーさんとかにはチラッと話してみたりはしているけど。 自分の人生を充実させたいって考えたときに、ちゃんと自分でアクションを起こさないとダメだなって思って。「やりたいことはやりたい」って周りの人に自分から言わないと。そうするとけっこう言霊っていうか……。 松岡:そうなんだよ! すごく思う、それ。 三吉:最近、言霊をすごい実感していて。やっぱり自分が興味あることを、自分から言っていったほうがいいんだなと思って。 松岡:単純に誰と仕事をしたいとか、どんな監督とやりたいとか、海外の作品に出たいとか。そういったものに広がっていくじゃん。 三吉:そうなんですよ。海外とかそれこそ本当にそう。

◆ジェイ・チョウのPVに出演したらインスタフォロワーが…!?

三吉:私、アミューズに所属してわりと序盤……中高生ぐらいのときに「私は早く海外で活躍したい」と、生意気こいてたわけですよ。その当時は英語も全然話せなかったのに。 でも今、だんだんとそれが形になってきて。この前も、たまたま運よくお話をいただいて、中華圏で絶大な人気を誇るジェイ・チョウ(周杰倫)ってアーティストの方のプロモーションビデオに、同じアミューズの渡邊圭祐くんと2人で出演したんです。PVが公開されたら、ババババーンってインスタグラムのフォロワーが2日間で10万人ぐらい増えて。 松岡:2日で!? 三吉:「どういうことー!」ってなったのよ。ウェイボーとかもだんだんみんなフォローしてくれるようになってきたりして。そこから「じゃあ中国で雑誌の撮影をしましょう」ってなったり、中国でたまたま(三吉が主演した)「ダンスウィズミー」って映画をやっていて、「じゃあ上海国際映画祭に出品します」、「行きます」、「えー!」みたいな。立て続けに中国とご縁があったりとかして。 でもそれって、やっぱり自分の心のなかでずっと「アジアで活躍したい」って気持ちがあったから、周りの友達や仕事先で出会う人に(自分でも)気づかないうちにポロッと話していたんだろうね。「あぁ、形になってるんだな」みたいな。 松岡:自分ではそんなに意識せず、小声でちょっと言ってたぐらいの感覚なんだろうね、きっと。 俺は「これがやりたい」と思ったら紙に書くのよ。やりたいこと、行きたい国とか。やっぱりいずれはアメリカで、「ニューヨーク・ブロードウェイのミュージカルに立ちたい」とか。 三吉:ああ~、いいねえ! (TOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」7月6日(月)放送より)

【関連記事】