Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

免許返納は「全然ドラマチックじゃない」杉良太郎が高齢ドライバーに本当に言いたいこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

俳優の杉良太郎(75)は6月、運転免許証を自主返納し、「さすが杉さん」「素晴らしい行動力」などと称賛を浴びた。 高齢ドライバーによる悲惨な交通事故が社会問題化するなか、伊東四朗や加山雄三、尾木直樹(尾木ママ)ら、著名人の免許返納が報じられる機会も増えている。 ところが杉は返納の経緯を「全然ドラマチックじゃない」と言う。一体どういうことなのか? 【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

ちょっと鈍くなってるな

――杉さんが運転免許を自主返納されたことは、大きな反響を呼びました。 あれね、正直に言うと全然ドラマチックじゃないんだよね。 4年前、70歳で免許を更新したんです。教習所でいろいろテストされたわけですよ。間違ってるか間違ってないか、右か左か、早押しでやらなきゃいけない。 その時に、自分でちょっと鈍くなってるなと感じたんですよ。 ――テスト自体は通ったんですよね? 通りました。実技もペーパーもOK。もともと車好きでよく運転してましたから。 でも70歳の免許更新に行った時に、次はもうやめようと思ったんですよ。もう免許いらないんじゃないのかなと。 次の更新の前に返そうと思っていたところで、高齢者の事故がたくさん報じられた。このタイミングはちょっとやらしいなと思ったけど、放っておくと流れちゃうでしょ。

大挙した報道陣にビックリ

――返納じゃなくて、失効してしまう。 そう。うちの伍代(夏子)さんなんか、忘れていて失効しちゃいましたから。 「これ何とかならないの?」「なるわけないだろ」って。だから私、失効は嫌だなと。自分の意思をちゃんと示そうと思って、返納に行きました。 そうしたら、めちゃくちゃメディアがいてちょっとビックリした。 私、ほかにもっといいことしてるんだよ。社会に知らせたいこと、大声で叫びたいこともあるけど、普段こんなに人は来ない。 なんでや!という気持ちがあったから、写真を見ても1枚もにっこりしてない。あれが私のバカ正直なところだと思う。

【関連記事】