Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

湿度が高いと…飛沫が落ちやすい 冬場は”加湿器”も有効 理研が富岳で新たな「飛沫シミュレーション」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
関西テレビ

関西テレビ

理化学研究所がスーパーコンピューター「富岳」を使って、飲食店での飛沫の飛び方などを検証する新たな動画を発表しました。 4人が飲食店で標準的な大きさのテーブルを使用して会話をした場合、座る位置によって飛沫が届くリスクがどう変わるのかを比較しました。 まず、正面に向かって話をした場合、青色の小さな飛沫=エアロゾルは前の人に飛びますが、斜め前や横にはほどんど届いていません。 斜め前の人に話す場合は、相手への飛沫の到達量は正面に比べ4分の1に減少。 しかし、隣の人に向かって話しかけると飛沫の到達量は一気に量が増えて、正面に座った場合の5倍の量まで増えることが分かりました。 【理化学研究所チームリーダー・神戸大学 坪倉誠教授】 「可能な限り隣の席は避ける。カウンターで横並びになっても、前を向いて喋ったり、横を向かなければ、リスクはそんなに高くない。横を見ないでいいように、例えば前に鏡を付けて鏡越しに顔を見るとか、そういったことするだけでリスクが下がるんじゃないかなと」 また、研究によると、湿度90%の室内で咳をした場合、赤やオレンジ色の大きな飛沫は机に落ちる量が多いことがわかります。 一方、湿度30%の場合、前の人に届く飛沫が3倍近くの量に増え、「湿度が低い」ほど空中に漂う飛沫が急増することもわかりました。 【坪倉教授】 「冬場は加湿器などを使ってできるだけ湿度を上げて、空気中に飛散する飛沫の数を減らすというのが一つ対策として重要であるかなと思います」 このほかにも、飲食店でマウスガードをつけた場合、隣の人に飛沫を浴びせるのを防ぐこともわかりました。 この研究を生かして、理研とサントリー、凸版印刷がタッグを組んで、「飲食店でも使いやすいフェイスシールド」を開発。 食べたり飲んだりする時に開閉できるというもので、できあがった設計図は無料で公開し、今後、様々な飲食店が自由に生産できるようにするということです。

関西テレビ

【関連記事】