Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今年の新入社員の半数「10年以内に退職」――終身雇用志向の薄れ鮮明に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia ビジネスオンライン

 コロナ禍によって様変わりした会社で、社会人としてのスタートを切った今年の新入社員。人材大手のマイナビの調査によると、新入社員の約2割が自社の新型コロナ対策に不満を持っている結果となった。また、約半数が「10年以内に退職したい」と回答しており、新入社員の終身雇用志向の薄れがますます鮮明となった。 【グラフ】想像より低い、新入社員の「今の会社で何年働くか」

会社のコロナ対策に新入社員の2割が不満

 調査は転職サービス「マイナビ転職」が7月31日~8月3日にかけて、2020年卒の新入社員800人にWeb上で実施した。  まず「会社のコロナ対策・対応に満足しているか」と聞いたところ、「全く満足していない」「あまり満足していない」は計22.6%となった。特に、入った企業のコロナ対応への満足度が高い新入社員ほど、入社後のその会社へのイメージが向上する傾向が浮かび上がった。  また、「今の会社で何年働くと思うか」と聞いたところ、「3年以内」と回答した人は28%に上り、前年の新入社員より5.9ポイントも増加した。「10年以内」にまで期間を延ばすと、計50.3%に上る。こちらも前年よりも3.5ポイント増加する結果となった。

在宅勤務の悩みトップは「質問や相談しにくい」

 逆に「定年まで」との回答は17.9%で、前年より3.9ポイント減少した。「新卒で入った会社で定年まで働く」考え方は新入社員の間では少数派で、転職志向がますます強まっている。  多くの新入社員が初めての勤務で直面したと言えそうなのが、テレワークだ。まず彼らの在宅勤務の日数について聞いたところ、緊急事態宣言の解除前では「週1回以上」が56.5%に上った。7月現在では22.1%まで低下したものの、一定数の新入社員がテレワークを継続しているようだ。  さらに「在宅勤務に対する不安や悩み」についても聞いたところ(複数回答可)、トップは「質問や相談がしにくい」で38.7%。次に「オン・オフの切り替えが難しい」(37.2%)、「上司や同期と距離が縮まらない」(30.8%)と続いた。  既に社内で人間関係を築いている先輩社員と違い、人によっては研修からいきなり在宅での作業を強いられている今年の新人。多くの日本企業も経験したことのない大規模なテレワークが進む中、特に新入社員の先輩や上司との関係構築や、不安・不満などによる離職防止の取り組みが引き続き求められそうだ。

ITmedia ビジネスオンライン

【関連記事】