Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

5人に1人が毎日何度も食べている「ヨーグルト」で免疫力アップ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

健康にいい食品として近年ますます注目されている「ヨーグルト」。味や形状だけでなく、乳酸菌や機能性の違いなど、製品の種類も実に豊富です。株式会社プラネットが、よく食べるヨーグルトの種類や食べる時間帯、食べ方のこだわりなどについて調査しています。ヨーグルトの効果的な食べ方について紐解いていきましょう。

■“腸活”にも“免活”にもヨーグルト! 健康効果はもちろん“おいしさ”も大事

まずは、ふだん食べているヨーグルトの形状タイプを聞きました。1位は、とろっとした「固形(半液状)タイプ」。今最もポピュラーなタイプでしょう。2位は近年人気の「ドリンクタイプ」で、約3割が回答。一方で、「完全固形タイプ(昔ながらのハードタイプ)」も意外に高く、2割を超えていました。今でもファンは多いんですね。 次に、どのような理由や目的で食べているのかを聞きました。やはり1位は「体・健康にいいから」。次いで、2位の「おいしいから・好きだから」も約6割に達し、味やおいしさも大事な要素だとわかります。性年代別では、「体・健康にいいから」は高齢層ほど、反対に「おいしいから・好きだから」は若年層ほど、高い傾向がありました。 続く3位は「免疫力アップのため」。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を整え、免疫力アップにつながると言われています。従来ヨーグルトは便秘対策の定番ですが、今回の調査では「便秘対策のため」より「免疫力アップのため」が上位に。男女別では、女性は「便秘対策のため」がわずかに上回っていますが、性年代別に見ると、女性も40代以上は「免疫力アップのため」が高いのです。新型コロナウイルスが流行し、免疫力を上げて感染を予防したい人が増えているようです。“腸活”だけでなく、“免活”もヨーグルトで! ヨーグルトの需要がより高まりそうです。

■“ほぼ毎日食べる”が約半数、女性はスイーツ代わりにも

ふだんヨーグルトを食べるという人に、飲食する頻度を聞きました。すると、半数に近い人が“ほぼ毎日”と回答。「1日に複数回」飲食している人も、5人に1人に上りました。性年代別では、年代が高いほど食べる頻度が高くなっています。男女ともに、70代以上では6割を超えました。高齢層ほど食べる頻度が高いのも健康効果を期待してのことでしょう。 さらに、いつどの食事時間にヨーグルトを飲食するかを聞いたところ、【固形(半液状)タイプ】のものは「朝食時・後」に、【ドリンクタイプ】のものは「おやつ・間食として」が最も高くなりました。またどちらの形状タイプでも、3位には「朝食として」がランクインしました。年代別では、「朝食として」は20代・30代で高く、高齢層では低くなっています。若年層ほど手軽な朝食代わりにヨーグルトを食べ、年代とともに、しっかり食事を取ったうえでの一品、またはデザートして飲食していることがわかります。 男女差に注目すると、どちらの形状でも「おやつ・間食として」が女性で大きく上回っているのが特徴的です。女性にとって、健康によくておいしいヨーグルトは罪悪感なく食べられ、スイーツ代わりになっているようです。

【関連記事】