Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

機が熟しすぎてネタが危うく黒いバナナに!? 小野寺史宜さんの最新作は十年以上温めていた作家と編集者の物語

配信

Book Bang

小野寺さんの最新作は作家と編集者を主人公にした物語です。本屋大賞2位になった『ひと』以降も、コンスタントに作品を書き続けている小野寺さん。なぜこのタイミングで自身にとって身近なテーマを書こうと思ったのか? 刊行に先立ち話をうかがいました。  ■作家のことはいつか書こうと思っていた ――2019年本屋大賞2位になった『ひと』、アパートの住人と知り合ったことをきっかけに人と人がつながっていく『ライフ』など、近年精力的に作品を発表されていますが、普段はどんな執筆スタイルですか?  小野寺:ほぼ『食っちゃ寝て書いて』に書いたとおりです。僕はまずノートに手書きで下書きし、それからパソコンで本書きします。その段階になれば、午前四時台に起きてガーッと四、五時間書き、買物を兼ねた散歩に出て昼食、ガソリン切れで昼寝をしてからまた二時間ほど書く。と、そんな具合です。日によって、昼寝はがっつりします。作品にもありましたが、午後の保育園児ばりに寝ます。下書きを始めてからは、もう機械的にいきます。まったく休みません。四、五十日ぶっ続けで書きます。極端なことを言えば、曜日もわからなくなります。夏は終わったんだなぁ、と十月に思ったりもします。 ――今回はそんな小野寺さんを彷彿とさせる作家と、編集者をテーマにした物語です。作品の構想はいつからお持ちでしたか?  小野寺:十年以上前から持っていました。作家のことはいつか書こうと、ずっとネタを温めていた感じです。いつもは設定などの大本となるネタを用意しておき、二年ほどかけて徐々に肉付けしていくのですが、この作品に関しては、書こう書こうで十年経ってしまいました。ちなみに、作家の横尾成吾は僕自身ではありません。だいぶ重ねてはいますが。 ――ご自身の作家生活を振り返るような、ある種の区切りを伴う作品だと思うのですが、今回書こうと思ったきっかけは?  小野寺:単純に、KADOKAWAさんからゴーサインを頂いたからです。と同時に、寝かせに寝かせたことで機が熟してもいたのだと思います。サッカー選手を書き、ミュージシャンを書き、お坊さんを書き、あ、ど真ん中を忘れてた、と会社員も書きました。子どもも書き、大人も書きました。男性も書き、女性も書きました。ならそろそろです。初めは作家の話一本だったのですが、編集者の話と両立させるというアイデアを加えることができました。今書かせていただけて本当にたすかりました。これ以上待つと、熟しすぎて黒いバナナになるところでした。 ――主人公の一人、編集者・井草菜種にはモデルがいますか?  編集者は小野寺さんにとってどういう存在なのでしょうか。 小野寺:モデルはいません。ただ、何人もの編集者さんと仕事をしてきたので、ところどころに皆さんそれぞれの特徴が出ているということは、もしかしたらあるかもしれません。編集者さんは僕にとって不思議な存在です。作家と編集者の関係は、なかなかほかに置き換えられないと思います。友人ではないですし、取引先と言ってしまえば、まあ、そうなのですが、それでも個人の色は強く出ます。出版社の窓口、と考えれば遠いのに、実際には近いです。そんな各編集者さんたちに手だすけをしていただきつつ、ある程度好きに書かせてもらっています。敬意を表して、今回、作中の出版社名をカジカワにさせていただきました。それを許してくださったことにも感謝しています。 ――ご執筆にあたって取材はされましたか?  小野寺:一緒に仕事をしていながら細かなことまではよく知らないので、KADOKAWAの担当者さんに取材をしました。井草菜種と同じく男性、歳も近い。答えづらいことも多かったはずですが、いろいろ教えていただき、とても参考になりました。この作品を今回このタイミングでぜひ、と僕自身が思ったのは、やはりその編集者さんがいらしたからです。ちなみに、そのかたは医師の息子ではありませんし、元ボクサーでもありません。もちろん、菜種的な名前でもありません。

【関連記事】