Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【FP2レポート】ホンダ勢伸びず。メルセデスとレーシングポイントが高い安定性/F1オーストリアGPフリー走行2回目

配信

TopNews

F1オーストリアGP(2020年7月3日(金)~7月5日(日)決勝レース)の初日が開幕し、フリー走行2回目が行われた。 ●【FP2結果】2020年F1第1戦オーストリアGPフリー走行2回目のタイム結果 FP2は気温20℃、路面温度30℃のドライコンディションの中で行われた。 真っ先にコースインしたのはロマン・グロージャン(ハース)だ。FP1でブレーキトラブルが発生したことで周回数を重ねることができなかったことから、FP2ではやりきれなかったプログラムを取り戻したい。 外観が昨年のメルセデスAMGにそっくりなことから“ピンクのメルセデス”と呼ばれるレーシングポイントの2台の走りは、どんな状況でも高いレベルで非常に安定していることから、今シーズンは上位争いに絡んでくるのは間違いなさそうだ。 その後、各車はタイムを大きく更新することなく、たんたんとプログラムをこなしていった。 このセッションのトップタイムはFP1と同様ルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手はバルテリ・ボッタス(メルセデス)、しかし3番手に入ったのはセルジオ・ペレス(レーシングポイント)だった。 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは8番手、アレクサンダー・アルボンは13番手。 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは17番手、ダニール・クビアトは12番手だった。 徐々に勢力図が見えてきたが、まだ初日終わったばかり。各チームはFP3で予選に合わせてくるだろう。 F1オーストリアGPフリー走行3回目は、日本時間19時から開始だ。

【関連記事】