Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サッカー大迫選手が母校の後輩を激励 南さつま・万世小へビデオメッセージ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南日本新聞

 南さつま市の万世小学校に7月31日、卒業生でサッカー日本代表の大迫勇也選手(30)=ドイツ1部ブレーメン=からビデオメッセージが届いた。新型コロナウイルスで不自由な生活を送る後輩たちを激励し、喜ばせた。  終業式中、壇上に映像が突然流れ始めた。「万世小学校のみなさん」と呼び掛け全児童184人の目をくぎ付けに。「今までにない1学期だったと思う」とねぎらい、「夏休みはお父さん、お母さんの言うことを聞いて楽しく過ごして。僕も期待に応えられるよう活躍したい」と締めくくった。  来校予定だったが、新型コロナの影響でビデオに切り替えた。6年の南谷安慈さん(11)は「びっくりしたけど、僕たちのことを考えてくれてうれしい。夏休みはいろんなことを頑張って2学期につなげたい」と話した。

【関連記事】