Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中村獅童、『みをつくし料理帖』は「映像美、色彩美も堪能してほしい」

配信

クランクイン!

 女優・松本穂香主演の映画『みをつくし料理帖』に出演している歌舞伎俳優・中村獅童のインタビュー映像が解禁された。獅童は自ら演じる扇屋の料理番・又次を「真っすぐな男」と形容し、内に秘めたあさひ太夫への思いを表現することに力を注いだとしている。 【写真】豪華キャスト陣の姿が多数! 映画『みをつくし料理帖』場面写真  高田郁による同名のベストセラー時代小説を実写化する本作は、幾度となく訪れる苦難を乗り越えながら料理に真剣に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と不変の友情を描く。『犬神家の一族』(1976)、『セーラー服と機関銃』(1981)、『時をかける少女』(1983)など数々の大ヒット作を生んだ角川春樹が、生涯最後の監督作としてメガホンをとる。  享和二年。大坂。8歳の澪は幼なじみの野江と「何があってもずっと一緒や」と約束を交わすが、その夜から大坂を大洪水が襲う。澪は両親を亡くし、野江とも離れ離れになってしまう。時が流れ、澪は江戸・神田のそばどころ「つる家」で料理人として働いていた。店主に助けられた澪は料理の才を見いだされ、その料理が評判に。ある日、吉原で料理番をしている又次(獅童)というこわもての男が店を訪れ、吉原で頂点を極めるあさひ太夫のために看板料理を作ってくれと頼む。この日を境に運命の歯車が動き出す。  角川監督が制作に携わった『男たちの大和/YAMATO』(05)への出演が大きな経験となったという獅童。角川監督からのオファーに対し「プレッシャーはありますけど、非常にうれしかった」と語る。  獅童が演じる又次は、吉原の扇屋の料理番で、あさひ太夫とかなわぬ切ない恋模様を繰り広げる。原作でも人気の高いキャラクターだ。獅童は、又次とあさひ太夫との関係性について「監督からある種『近松』だと言われ、その言葉を参考にさせていただきました」と語り、はかない思いやかなわぬ恋を演じることに注力したと明かす。  主演の松本については「心のあるお芝居をなさるので、若いのにすてきだなと思いながら見させていただいている」と評価。本作の仕上がりには「日本の美しさ、色彩美が画面を通して伝わるのでは」とその映像美を絶賛し、「日本人の心が映し出されたような作品だと感じている」と語った。  映画『みをつくし料理帖』は10月16日より全国公開。

【関連記事】