Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハワイ州、日本の厚労省認可の検査・陰性証明で14日隔離を免除。米国以外で初承認

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

 ハワイ州は、10月15日(現地時間)から開始を予定しているハワイ到着後の14日間自己隔離を免除する「事前検査プログラム」の検査対象に、日本の厚生労働省が認可する新型コロナウイルス感染症の核酸増幅検査(NAT:Nucleic acid Amplification Test)を承認したと発表した。米国以外の検査が承認されたのは初めて。 【この記事に関する別の画像を見る】  ハワイ到着後の自己隔離を免除するためには、日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関で、新型コロナウイルス感染症の検査を受け、ハワイ州指定の陰性証明書を発行し、入国時に提示する必要がある。  ハワイ州保健局は現在、日本のさまざまな医療機関と協議を重ねており、指定医療機関が確定次第、日本向けの事前検査プログラムの開始を発表する予定。日本向けの事前検査プログラムが開始されるまでは、引き続きハワイ到着後に14日間の自己隔離が必要となる。  ハワイ州保健局が日本の指定医療機関名を公表次第、「ハワイ州保健局 COVID-19情報サイト」、ハワイ州観光局公式ポータルサイト「allhawaii」内の「ハワイ州新型コロナウイルス情報サイト」で随時情報を公開していくとしている。また、ハワイ州指定の陰性証明書サンプルも同サイト内に掲載する予定とのこと。

トラベル Watch,編集部:稲葉隆司

【関連記事】