Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

無観客の球場に響いたシンフォニー 地元交響楽団が応援歌をテレワーク合奏

配信

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク-広島(13日、ペイペイドーム)  ソフトバンクの7回の攻撃前に、地元福岡市の九州交響楽団(九響)がテレワークで合奏した応援歌「いざゆけ若鷹軍団」の動画が流され、普段とは異なる重厚なシンフォニーが無観客のドームに響き渡った。 【写真特集】「福岡で一番かわいい女の子」も ノーバンに挑戦!美女たちの始球式  社会活動に大きな影響を及ぼしている新型コロナウイルス。同楽団も大幅に活動を制限されたが、楽団員がテレワーク演奏を企画。有志で「いざゆけ~」の動画を収録し、5月に動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルで公開した。  コロナ禍の中でも福岡を拠点とするオーケストラとして「福岡を、皆を、元気づけたい」という思いから制作したという。「第1音が鳴った瞬間涙が出ました」「しびれました!」などとコメントが寄せられていた。  動画は14日の広島との練習試合(ペイペイドーム)でも同様に使用される。

西日本スポーツ

【関連記事】