Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人間を堕落させるAF性能 キヤノン「EOS R5」は一眼レフを置き換える新世代ミラーレス一眼

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia NEWS

 「EOS R5」である。キヤノンのミラーレス一眼主力機、というより「新世代の主力EOS」といっちゃっていいと思う。1週間ほどしか使ってないけれども、予想以上の完成度で現代のカメラとしてめちゃ魅力的だったのだ。 【画像】本物の鳥ではないけど、ちゃんと鳥の目を検出してフォーカスがきてる  初代「EOS R」は、「主力EOS」というよりは「傍流EOS」「カジュアルEOS」という感じで、一眼レフEOSを置き換えようという迫力は感じなかった。でも「EOS R5」はそれとは全然違う、ガチで置き換えにきた感がある。  グリップ感や操作感もすごくしっかりしてるし、カメラとしての完成度に加えて、ミラーレス一眼ならではの良さをきっちり取り入れてきてるのである。一気にここまで完成度を上げてきたか、とちょっと驚いたくらいだ。

やっぱりボディ内手ブレ補正は素晴らしい

 とりあえず基本的なところからざっくりいくと、イメージセンサーは新開発のデュアルピクセルCMOSセンサーで4500万画素。映像エンジンは新バージョンの「DIGIC X」。これらとRFレンズとの組み合わせで、「EOS最高解像性能」らしい(つまり、約5000万画素のEOS 5Dsより解像性能は上ということだ)。  いつものガスタンク作例だけど、確かに解像感は高い。  もちろんRFマウント。電源をオフにしたときはシャッターが閉まるというEOS Rと同じ仕様だ(設定で閉まらないようにもできる)。  センサー周りで注目はなんといってもボディ内手ブレ補正。レンズ内手ブレ補正と合わせて最高で8段分というのだからかなりすごい数字を出してきたもんだと思う。  ではボディ内手ブレ補正だけだと何段分なのか、となるとこれがちょっとややこしい。レンズによって手ブレ補正段数が変わるからだ。例えばハイエンド標準ズームといえる「RF24-105mm F4 L」だと8段。でも「RF15-35mm F2.8L」だと7段。高倍率ズームの「RF24-240mm F4-6.3」だと6.5段と差がある。レンズの詳細はWebサイトにあるので気になる人は要チェックである。  で、実際に撮ってみると確かによく“止まる”。これは快適。  暗い古民家に昔のキャッシュレジスターが置いてあったので105mmの望遠で撮ったものがこちら。少しずつセッティングを変えながら撮ってみたところ、シャッタースピードは1/15秒で止まった。これより遅くするとちょっと微妙だ。  暗所でのAFはすこぶる優秀で(これはEOS Rから優秀だった)、手ブレ補正も効くなると素晴らしい。  ただ、広角でもシャッタースピード1秒となると手持ちだと難しい感じ。手ブレの特性は諸条件で変わってくるわけで、テスト条件では8段分補正が効くからといって実際の現場で常にそれが発揮できるとは限らないのだ。だから数字の大きさにとらわれず、もうちょっと大雑把(おおざっぱ)に捉えた方がいい。  個人的な感覚では、業界でトップとまではいかないけど、広角で1/2秒ならいけそうだ。  ISO1000まで上げたけど、夜の街をF11まで絞って手持ちで撮れるわけでこれは良い。  なお、シャッターは電子先幕を使用。  メカシャッター・電子先幕・電子シャッターの3つから選べ、デフォルトは「電子先幕」だ。なお、電子シャッター時もシャッタースピードの上限は1/8000秒。電子シャッターにしてもシャッタースピードを上げられるわけじゃない。  ISO感度は拡張ISO感度でISO102400までいける。  実際にはどうなのか常用ISO感度の最高値、ISO51200でうちの猫を撮ってみた。  室内でおもちゃで遊んでる猫を高速シャッターで撮るというミッション。ISO51200までめいっぱい上げて室内で1/1000秒である。  見事。クオリティー重視ならISO6400までかなあと思うけど、こういうカットならISO51200でもいける。  ちなみに、左手で孫の手をひらひらさせて猫の気を引きながら右手でカメラを握って撮ってる。AFは完全にカメラ任せだ。  AFの設定は「サーボAF」で、「瞳AF」は「動物優先」だ。つまりコンティニアスAFで猫の目にフォーカスを合わせつつ撮れるのでこちらは構図とタイミングだけ見てればいいのである。  このAFは素晴らしいぞ。

【関連記事】