Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「毛穴の汚れごっそり」広告がはびこる理由 「フェイク広告」の闇 ネット業界が迫られる「大人の階段」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

2016年のアメリカ大統領選で注目されたフェイクニュースですが、2020年の現在、「フェイク広告」とも言うべき問題が生まれています。旧来のマスメディアではカバーできないニッチな情報と、様々な広告を結びつける仕組みとして発展したネット広告は、ネット上のコンテンツ流通に大きな役割を果たしてきました。同時に、成果報酬を基本にしたアフィリエイトのような仕組みは、過激な文言や写真で関心をあおる手法に傾きがちで、「フェイク広告」と呼ばれる問題を引き起こしています。ネット広告誕生から四半世紀。ユーザーとの刹那(せつな)的な関係を土台にした「フェイク広告」の存在は、広告主やメディアなどネットに関わるプレーヤーたちに「大人の階段」を上れるかを突きつけています。(withnews編集部・奥山晶二郎) 【イラスト図解】あなたも騙されているかも!?「フェイク広告」が広まる構図

記事型広告ページの住所が違う!?

「毛穴の汚れごっそり」「○○歳でこの美しさ」 個人サイトから、大手メディアまで、現在のウェブサイトには、美容や健康をはじめとした過激な広告があふれています。 許諾を得ていないと思われるタレントの写真を使ったり、効能の説明などで根拠のない効果をうたう薬機法違反の疑いがあったりすることも少なくありません。 それらの広告をクリックすると製品の記事型広告ページに飛びますが、ドメインと呼ばれるネット上の住所が、宣伝している商品のメーカーのものと異なるURLになっているものがあります。 このような広告のシステムが「フェイク広告」と呼ばれる問題の温床になっています。

どんな広告が出るか誰もわからない

「フェイク広告」が生まれた背景には、人々の多様な関心に応えるため増え続けたウェブ上のコンテンツの存在があります。 広告主は通常、広告が掲載されるメディアに広告費を払います。 しかし、ネット空間には、テレビCMや新聞の紙面広告のような従来の定義ではくくれないほど膨大なウェブサイトが生まれています。広告主にとっては、自分たちが知っているメディアだけに広告を出していても、届けたいユーザーと接点を作りにくくなっています。 そこで生まれたのが、広告主とメディアをつなぐ仕組みです。 代表的なのがASP(Application Service Provider)というプログラムを使った広告会社で、広告主と無数のウェブサイトを自動で仲介する役割を果たします。 メディアのサイト内にある記事のような形の「ネイティブ広告」から誘導されて記事型広告ページをクリックしたユーザーは、記事型広告ページの過激な文言につられて広告主のサイトへさらに誘導されます。 「フェイク広告」の問題は、「ネイティブ広告」から広告主のサイトに至るまでの流れが、ユーザーからわかりにくい点にあります。

【関連記事】