Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

我が子の“お金の稼ぎ方”が「あつ森」で見えた…兄弟でこんなに違うもの!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

3月の発売以来、大人も子供も夢中にさせているニンテンドースイッチの超人気ゲーム「あつまれ どうぶつの森」(通称「あつ森」)。無人島を自分好みに開拓しつつ、スローライフを楽しむゲームですが、ゲームの中の世界では「住宅ローン」「利息」「カブ」といったお金に関する設定も盛りだくさん。 実は、子供の遊び方を見ていると、お金の使い方や稼ぎ方の傾向がよくわかるのです。「お金の教育」にもぴったりの「あつ森」。さて、あなたのお子さんは、どんな風にローンを返済していますか? 

ゲーム進行のキモとなる「住宅ローン」

「あつまれ どうぶつの森」では、まずテント生活から脱出するために家を建てる必要があります。家を注文すると自動的に「住宅ローン」が組まれます。ゲーム内では独自の通貨「ベル」を使用して物を売買するのですが、最初に家を建てるのに必要な住宅ローンは98,000ベル。 このローンは、島で採れた虫や植物などを売ることで返済していきます。期限や貸付金利はないので、リアル世界の住宅ローンのような重圧感はありませんが、完済しないと次の増築ができず、部屋のリフォーム機能を使えなかったりするので、「あつ森」のたのしさを満喫するには自然と増築(それに伴う住宅ローン)を繰り返すことになります。 マイホーム増築の最終形にたどりつくまでにかかる金額は、合計5,696,000ベル!  これをコツコツと返していくのです。 図らずも子供たちは、「あつ森」をプレイしながら「家を建てるためには住宅ローンを組むこと」「ローンは最後まで返済しないと次のローンを組めないこと」を学んでいくのです。

ローン返済のしかたにも個性が…

「あつ森」に夢中になっている小学6年生と3年生の兄弟のママ、Hさんは笑顔でこう語ってくれました。 「まさか、ゲームの中での“お金の稼ぎ方”で子供たちの性格の違いがここまでわかるなんて、思ってもみませんでした」 「あつ森」では、ローン返済の方法がいくつかあります。どのような方法でローンを返済するかで、子供の“お金の稼ぎ方”の傾向がわかる…とHさんは話します。 「長男は、島にあるフルーツや雑草をコツコツ集めて売っています。『もっと効率のいい稼ぎ方はないの?』と思わず言うと、『こうやって集めていくのが楽しいから、いいの』とのこと。たまに、高値で売れる魚や昆虫を捕獲して大喜びしています」 地道に稼いでいる長男と対照的なのが次男。 「次男はとにかく“いかに楽して稼げるか”を追求するタイプですね。なんでも『日付を操作して利息を稼ぐ』という裏技(※)があるらしく、それを利用してあっという間にローンを返済していました」 ※ 4月23日のアップデートで「たぬきバンク」の預金金利が大幅に引き下げられ、今では日付操作の裏技で利息を荒稼ぎすることはできなくなっています。 少々ズルをしてローンを返済した次男に対して、長男は「それはダメだと思う!」と憤慨していたそうですが、次男はどこ吹く風。「ローンなんてさっさと終わらせないと楽しくない」と言っていたそうです。いやはや、大人顔負けの会話ですね…。 「ともあれ、『あつ森』で、子供たちは『貯金をすれば利息がつく』ということを学んだのも大きいと思います」とHさんはニッコリ。

【関連記事】

最終更新:
LIMO