Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全国で雪不足、スキー競技に影響 中止や延期、W杯開催危機も

配信

共同通信

 深刻な雪不足で、スキー競技会の中止や延期が相次いでいる。札幌市の白旗山距離競技場で6~8日に予定されていた国際大会は中止となり、同市のばんけいスキー場で中旬に実施予定だったモーグルの大会も延期が決まった。17~19日に山形市蔵王で行われるジャンプ女子のワールドカップ(W杯)なども開催危機が取り沙汰され、関係者は頭を悩ませている。  白旗山では例年、1月には少なくとも30センチの積雪があるが、今冬は3~4センチの場所も。雪がめくれて土がのぞくため、コース設営ができず、レース中止に追い込まれた。札幌に限らず、学生の大会などは全国各地で続々と中止が決まっている。

【関連記事】